メンテナンスの重要性Maintenance

明敬会ではインプラントを長くお使いいただくために、メンテナンス治療を高いレベルで行うことを心がけております。定期的にメンテナンスを受けていただくことで、インプラントに起きた異変を早期発見できるため、再治療が必要になる前に対処できます。メンテナンスに通うことを面倒に感じられることは、当然のことと言えます。

しかしながら、メンテナンスを怠ることでインプラントの脱落などが起これば、患者様に大きな負担をおかけすることに繋がります。定期的にメンテナンスを受けていただくことは、インプラントの保険をかけるようなものと考え、根気よく通院していただくことが大切だと考えております。


インプラントを長持ちさせるには

インプラントは、一生そのまま使い続けられるわけではありません。インプラントは、約10~15年が寿命といわれており、メンテナンス次第では長く使うことも可能です。しかし、メンテナンスをせず、口腔内ケアもしないでいると、数年で使えなくなることもあります。

インプラントを長持ちさせるためには、日々の歯磨きや歯間ブラシなどでのケアが欠かせません。これらのケアを怠ると、歯垢が溜まってインプラント周囲炎のリスクが高まります。インプラント周囲炎になると、歯ぐきの赤みや腫れ、痛み、インプラントの脱落などに繋がります。


噛み合わせ確認と調整

インプラントへの負担を抑えるために、噛み合わせの確認と調整は欠かせません。噛み合わせが悪い状態では、インプラント本体やかぶせ物(人工歯)に大きな負担がかかります。噛み合う度に負担がかかれば、やがてインプラントやかぶせ物(人工歯)が壊れてしまうでしょう。噛み合わせは少しずつ変化するため、定期的にチェックする必要があります。

噛み合わせ治療では、金属の矯正装置を歯の表側につける方法が主流ですが、歯の裏側につける物や、透明のマウスピースを使うことで目立ちにくい治療も可能です。


インプラントクリーニング

インプラントのトラブルを防ぐためには、インプラントそのもののクリーニングが欠かせません。インプラントの人工歯に付着したバイオフィルムという細菌が作る膜を取り除き、虫歯のリスクを抑えます。そして、インプラント周囲炎を防ぐために、歯垢や歯石を丁寧に取り除きます。これは、自宅でのセルフケアでは行えないため、通院していただく必要があります。


口腔内クリーニング

PMTCというお口の中のクリーニングを行います。専用の器具で専門の歯科衛生士が丁寧にお口の中をクリーニングするため、自宅での歯磨きでは取り除ききれない歯垢や歯石まで徹底的に除去できます。定期的にPMTCを受けていただくかどうかで、虫歯や歯周病のリスクが変わるため、丁寧に歯磨きができていてもPMTCを行います。


ブラッシング指導Brushing

インプラントの健康を守るためには、PMTCなどのプロケアだけではなく、自宅での歯磨きなどセルフケアの併用が必要です。歯の表面だけではなく、歯と歯の間や歯と歯茎の間、奥歯の溝などを丁寧に1本ずつ磨くことが大切です。丁寧に磨けているつもりでも、実際には磨けていない場合があります。

メンテナンスの際には、歯垢の染め出しによって、どこが磨けていてどこが磨けていないのかがわかります。そして、プロが歯磨きのアドバイスをして、磨けていないところまでしっかり磨けるようになっていただきます。

セルフケアの質が高まれば、それだけインプラントを長持ちさせる可能性が高まります。


セルフケアに関するアドバイスAdvice

セルフケアで、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使っていただくことで、インプラントを長持ちさせられます。また、使用する歯磨き粉選びも重要です。粒状の研磨剤入りの歯磨き粉は、かぶせ物(人工歯)にダメージを与えます。そのため、研磨剤が含まれていない歯磨き粉を選ぶ必要があるのです。このような、日常では知ることが難しいセルフケアの情報もご提供しておりますので、定期的にご来院いただければと思います。


口腔内の他の病気の早期発見にも繋がる

インプラントのメンテナンスに通っていただくことで、虫歯や口腔がんなどの早期発見にも繋がります。特に、口腔がんは生命に関わる病気であるため、できるだけ早く発見する必要があります。その他、様々なトラブルを見つけることができるため、定期的なメンテナンスはお口の中の健康維持に役立つと言えるのです。