フィクスチャー(インプラント体)の破折や、アバットメント(土台)のスクリュー(ネジ)が緩む原因

インプラント治療

さまざまな理由により失ってしまった歯の代替としてはインプラント治療が最も優れていると言えますが、歯を支える歯根の役割を果たすことができるインプラント治療においても、長く使用するうえで注意をするべき点があります。

1点目はインプラント周囲炎という歯ぐきに炎症が起きる病気です。インプラントは前述のように歯根の代替となる治療なので、元々の歯と同じようにメンテナンス(クリーニングなど)を怠ってしまうと、歯周病のようにインプラント周囲の骨が溶かされてインプラントが脱落する原因になります。

2点目はフィクスチャー(インプラント体)の破折や、アバットメント(土台)のスクリュー(ネジ)の緩みです。

フィクスチャー(インプラント体)の破折や、アバットメント(土台)のスクリュー(ネジ)の緩みが起きるのは、基本的には歯にかかる負荷(負担)が治療計画で想定している負荷よりも大きくなってしまったことによるもので、その原因として以下のようなことが考えられます。

1.咬合力に対してインプラントの本数が少ない

咬合力とは噛む力のことで、この力を受け止めるのは歯根で、インプラント治療をした歯ではインプラント体ということになります。複数の歯が連結したブリッジを少ない本数のインプラントで支えるような治療を行う場合などは特に注意が必要です。

2.上下の歯の接触時間が長い

口を閉じていても通常は上下の歯は接触していない(離れている)ので、会話や食事をする際を含めても1日20分程度の接触が正常だと言われています。上下の歯が接触している時間が長い状態をTCH(Tooth Contacting Habit=歯列接触癖)と言います。歯ぎしりや食いしばり、噛み締めによる負荷ももちろんですが、弱い力でも継続的にかかることによってトラブルを招く可能性があります。

3.かみ合わせの変化

インプラント治療が完了した後の状態と比べて、噛み合わせの変化などで上下の歯が強く当たるようになることがあります。噛み合わせが変わる原因としては、歯のすり減り、顎関節(あごの関節)の変位や変化、抜歯や何らかの影響で歯が移動した、隣在歯(隣り合う歯)や対合歯(かみ合う歯)が動揺している、他の入れ歯やブリッジの治療、被せ物が外れたり作り変えた、などが考えられます。

4.全身麻酔の気管挿管時の負荷

外科手術で気管内挿管を行う際、全身麻酔で気管内にチューブを入れますが、このときに器具等によって歯にも負荷がかかります。歯が破折したり、被せ物が取れてしまうこともあります。

5.外的衝撃

予期せず歯に強い衝撃がかかることによって、フィクスチャー(インプラント体)が壊れたり、スクリュー(ネジ)が緩んでしまうことがあります。
代表的な例では、スポーツでの接触や交通事故、喧嘩などがあります。

6.対合歯の種類

対合歯(噛み合う歯)も天然歯と比較して、インプラント体は壊れたり、ネジが緩んでしまうリスクが7倍になると言われています。

7.インプラント周囲炎

インプラント周囲炎(歯周病のような症状)に罹ると骨吸収が始ります。インプラント周囲の骨吸収とインプラントの破折の関係は、骨吸収0mm~1.5mmの場合ではアバットメントに破折が生じ、骨吸収3mm~4.5mmの場合ではインプラント体に破折が生じたとの論文もあります。

フィクスチャー(インプラント体)の破折や、アバットメント(土台)のスクリュー(ネジ)が緩んだ場合の治療と対応策

フィクスチャー(インプラント体)の破折や、アバットメント(土台)のスクリュー(ネジ)が緩んだ場合の治療と対応策

インプラントの本数が少ないということは、少ない柱の数で地震に強い家にするのと同じ事で、咬合力(地震)が強い、歯の接触時間が長い場合(地震の頻度が多い)はトラブルが起きやすくなり、本数の追加(補強)をして負荷を分散させる必要があります。

アバットメント(土台)のスクリュー(ネジ)が緩む場合は、インプラント体やネジの破折の前兆の場合が多いので、単にネジを締め直すのではなく以下のような対応策を検討する必要があります。

1.本数の追加により力の分散を図る

治療した歯の本数に対してインプラントが少ない場合は、インプラントの本数を追加することで、それぞれのインプラント体にかかる負荷を分散させることができます。

2.上下の歯の接触を減らす

マウスピースやナイトガードを作成して、歯ぎしりや食いしばりを抑制することで、上下の歯の接触時間を減らし、負荷を分散します。

3.噛み合わせの調整

噛み合わせによる歯にかかる負荷や、すり減りを抑えるために調整をします。噛み合わせの高さを低くする、咬合接触点を小さくする、側方・前方運動時の滑走距離を短くします。

4.歯の頬舌径を小さくする

歯の頬舌径(歯を外から見た奥行き)を小さくすることで上下の歯が離れやすくなり、上下の歯の接触時間を減らします。

5.インプラントを太くする

インプラントを径の太いものに変更することで破折のリスクは軽減されますが、骨や歯ぐきが下がることもあるので注意が必要です。

6.人工歯の素材を変える

インプラント体にかかる負荷を減らすために、ハイブリッドやGOLDなどの柔らかい素材に変更します。

その他、状況に応じて以下の対応を検討します。

  • ・連結する(複数歯の場合、連結の範囲を拡大)
  • ・インプラントの長軸方向を変える(傾斜埋入の方が発生率が高いため)
  • ・無理に不正咬合を正常咬合に近づけない
  • ・純チタンから強度のあるチタン合金(ストローマンROXISOLID等)に変える
  • ・咬筋へのボツリヌス注射治療(咬筋肥大を抑制)
  • ・コンタクトを面接触にして、回転力を抑制する
  • ・定期健診、咬合調整の間隔を短くする
  • ・延長ブリッジ(カンチレバー)をなるべく避ける
  • ・撤去し、再埋入

インプラントの被せ物が動く場合はインプラント体が破折してしまう可能性があるため早急に歯科医院にご連絡ください。

インプラント治療