歯科治療と金属アレルギーは、密接な関係があります。
銀歯などの詰め物や被せ物、ブリッジ、入れ歯などには金属が使用されており、金属アレルギーがある方は、アレルギー反応が生じることもあります。
そんな歯科治療の中でも、インプラント治療は金属性のインプラント体をお口の中に埋入する治療となります。
そこで心配されるのが、金属アレルギー体質の場合、「インプラント治療は受けられないのでは?」ということです。

そこで、今回は金属アレルギーとインプラント治療について解説していきますので、「インプラントを受けたいけど、金属アレルギーで心配だ」という方は是非ご覧ください。

金属アレルギーでもインプラントは大丈夫?

金属アレルギーでもインプラントは大丈夫?

インプラントは、主に金属アレルギーの起こりにくい金属を使用しており、他の金属よりも安全ではあります。しかし、100%金属アレルギーが起こらないというわけではありません。
インプラントは様々なメーカーから発売されています。そのほとんどのメーカーでインプラントに使用されている主な金属はチタンです。

チタンとは、人体との親和性が高く(相性がよく)、金属アレルギーを起こしにくい金属のため、骨折治療用のボルト、人工関節、ペースメーカーなどに使用されています。

金属アレルギーの原因

まずは、金属アレルギーについて、解説していきます。
解説するにあたって、欠かせないのが、今は金属アレルギーが発症していなくとも、いつなんどき発症するのかわからないことです。
おいくつであろうと、金属アレルギーはある日突然発症する可能性があります。

では、なぜこのようになるのか金属アレルギーの原因について、解説していきます。
ピアスやネックレス、時計などの金属の装飾品と汗などの体液が繰り返し接することで、装飾品に含まれる金属がイオン化します。
そのイオン化した金属が体内のたんぱく質とくっつくことがあり、そうすると体内の免疫システムが反応し、これを排除しようとして、アレルギー性を持つようになります。
その後、同じ金属イオンが取り込まれることで、個人差はありますが、アレルギー反応が起きることとなります。これが、金属アレルギーと呼ばれます。

金属アレルギーには、このような仕組みがあるので、過去に経験がなくとも突如発生してしまうのです。

金属アレルギーにより起こる身体のトラブル

金属アレルギーにより起こる身体のトラブル

誰でもいつでも起こりうる金属アレルギーですが、その症状は以下の通りで、健康の悪化に大きく影響しております。

手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、痛み(ガルバニ電流)、肩こり、ひざの痛み、頭痛
神経症状、憂鬱、立ちくらみ、自立神経失調、物忘れなど

また、上記以外にも他の病気を併発・促進する可能性もあります。

心筋梗塞、脳梗塞、アトピー様症状、発癌、糖尿病

このように金属アレルギーは健康に悪影響を与えるため、口腔内に埋め入れるインプラントでは、金属アレルギーの起こりにくい「チタン」を使用することでインプラント治療をうけた患者様が金属アレルギーになりにくい様にしております。

チタンでも金属アレルギーになるの?

ここまで、金属アレルギーの原因・症状とインプラントの材質である「チタン」について、説明してきました。

しかし、身体に優しいチタンでもチタンアレルギーと呼ばれるチタンに対する金属アレルギーが発症することがあります。その発生頻度は、0.5%~5.8%と言われています。

インプラントの材質の殆どはチタンで出来ている

チタンを材質とするインプラントでもチタンアレルギーが発症してしまうのは、以下の様な原因があります。

①金属製のドリルをインプラント埋入手術時に使用しますが、そのドリルからの金属片が骨内に入る
②インプラント埋入時にインプラント体の表面から剥がれた金属片
③インプラント周囲炎時にインプラント体の表面からチタン、合金成分が溶け出す

また、インプラントに使用されるチタン材料には非常に微量ではあるが、チタン以外の金属不純物(ニッケル、クロム、パラジウムなど)が含まれています。

この金属不純物も起因して、チタンによるアレルギー反応が生じることがあります。
そのため、インプラントの手術後にチタンアレルギーが発症し、インプラントの撤去をするケースもあります。

金属アレルギー対応のメタルフリーインプラントとは

金属アレルギー対応のメタルフリーインプラントとは

当院では、上記の様なインプラント埋入後のチタンアレルギー発症を避けるために、金属を使用しないメタルフリーインプラントであるジルコニアインプラントという治療方法を導入しております。

ジルコニアインプラントとは、金属を使用せず強化セラミックを材質としたインプラントです。ジルコニアはチタン同様に親和性に優れているだけでなく、高い耐久性を誇り、透明感のある白さを再現でき、審美性にも優れていると言えるでしょう。

アレルギーを起こさないために

現在は金属アレルギーの症状がなくても、将来金属アレルギーが発症する可能性から不安に思う方は、通常のチタン性のインプラントではなくジルコニアインプラントを使用するほうが長期的視点から考えると安全と言えるでしょう。
また、パッチテストを行ってはっきりと判定できない場合も同様です。

Z-systemsのジルコニアインプラントの特徴

Z-systemsのジルコニアインプラントの特徴

当院で、導入しているジルコニアインプラントは、スイスのZIRKOLITH社のZ-systems(以下、Zシステム)です。

このZシステムに使用されている材料は二酸化ジルコニウムセラミックスで、従来からある二酸化ジルコニウムよりも安定性が増大していきます。

当然ながら、金属は使用していないため、金属アレルギーの方や金属アレルギーの発症が心配な方におすすめのインプラントとなります。
また、手術時に使用するドリルもジルコニアで作られています。

当院では、インプラント治療専門の歯科医院として、金属アレルギーの方も安心して、インプラント治療を受けていただける様にご用意しております。
金属アレルギーでインプラント治療をためらっている方のご来院をお待ちしております。

ジルコニアインプラントとは

費用を確認する