インプラント治療は、インプラントを埋め込み、義歯を装着すれば終了です。ただし、インプラント治療後は定期的なメンテナンスが欠かせません。インプラントは天然の歯と同じように噛むことができますが、天然の歯のケアにブラッシングが必要なように、インプラントにもブラッシングやメンテナンスが必要なのです。

インプラントのケアやメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎やインプラントのぐらつき、噛み合わせが悪くなる、かぶせ物が外れる、痛みや腫れが治まらないといったトラブルが起こる可能性があるのです。


インプラント周囲炎Peri-implant inflammation

インプラントの周りは天然の歯茎であるため、これまで通りに歯周病が起こる可能性があります。歯周病は、歯周病菌によって炎症や歯茎の退縮などが引き起こされる病気です。インプラントに起きた場合は、インプラント周囲炎と呼びます。

インプラント周囲炎になると、インプラントの周りの骨の破壊が進み、インプラントが抜け落ちてしまう可能性があります。歯茎にのみ炎症が起きている状態であれば、歯科医師や歯科衛生士による歯のクリーニングを受けて歯石を取り除くことで改善が期待できます。

しかし、細菌感染が深いところにまで至ると、骨が破壊されてしまいます。そうなってしまうと歯のクリーニングだけでは改善が難しく、結果的に患者様のお身体に負担をかける治療が必要となります。


インプラント治療後のトラブルに
対処するメリットMerit

インプラント治療後もメンテナンスを続け、トラブルが起きたときに速やかに対処することで、次のようなメリットを得られます。

インプラントのメリットを最大限に活かせる

インプラントのメンテナンスを続けることで、インプラントの機能を低下させず、快適な食生活を続けられるようになります。インプラントはとても高額な治療です。せっかくインプラントを入れたのに、そのメリットを十分に発揮できなければ、患者様が損をされることになってしまいます。インプラント治療はメンテナンスがセットになっているものと考えていただき、定期的にご来院いただければと思います。

口腔内トラブルを早期発見できる

インプラントのメンテナンスの際には、虫歯や歯周病がないかチェックさせていただきます。そのため、虫歯や歯周病など他の部分のトラブルの早期発見ができるのです。虫歯と歯周病は、どちらも早めの治療がとても大切です。進行すればするほどに歯を失うリスクが高くなります。早期発見できれば、歯の神経を抜くような治療は必要ありません。


インプラント治療後のトラブルに
対処しないデメリットDemerit

インプラント治療後の症状に悩みを抱えているのに受診されないと、次のようなことが問題となります。

インプラントが外れる

インプラント周囲炎が起きた場合、そのまま放置するとインプラントが脱落してしまう可能性があります。インプラントの再治療が必要になるため、患者様の心身に負担をかけてしまいます。また、1本何十万円もするインプラント治療を再び行うのは、金銭的な負担も大きく、無駄な出費となります。

かぶせ物が欠ける

インプラントに装着するかぶせ物は、衝撃を与えることで欠ける場合があります。欠けてしまうと、本来の機能を発揮できず、他の歯に負担をかけてしまうことになります。そうなれば、健康な歯にまで問題が起こるようになり、最終的に抜歯を余儀なくされることも考えられます。

インプラント治療を受ける前に、治療後のメンテナンスや起こり得るトラブルなどについてもご説明させていただいております。


インプラント治療後のお悩みメニュー

インプラントがぐらぐらする

噛み合わせが悪い

かぶせ物が外れた・欠けた

痛みや腫れが続いてる