月島エリアでインプラント治療をご検討の方へ

月島エリアでインプラント治療をご検討の方へ
中央区に位置し、隅田川河口付近にある月島。

そんな月島周辺でインプラント治療をご検討の方に当院について、ご紹介いたします。

当院「東京日本橋デンタルクリニック」は、日本橋・東京駅の近くにあるインプラント治療専門の歯科医院です。

当院では、患者様の希望や症状をお伺いした上で、患者様の症状にあったインプラント治療をご提供いたします。さらに、インプラント治療専門の歯科医院として、様々な治療方法をご用意しておりますので、他院で断られたという方も是非一度お越しいただければと思います。

フラップレス+1回法手術で 切開・縫合・2次手術なし

インプラント治療は、通常では2度手術を行ないます。1次手術にてメスで歯茎を切開・剥離し、インプラントを埋め入れ、切開部を縫合、2次手術でも切開・縫合を行ないます。この2回手術を行なう方法だと、切開・縫合などを行なうため、患者様への精神的負担や肉体的負担が大きいです。

そこで、当院では患者様の負担を軽減できるよう「フラップレスインプラント手術」を導入しております。

「フラップレスインプラント手術」は、専用の器材で歯茎に小さい穴をあけ、インプラントを埋め入れます。そのため、切開を行ないません。また、切開を伴わないので、縫合などもなく手術時間を短縮することが可能です。

さらに、原則1度の手術で終わることが多く、従来のように2回手術を行なう必要がない場合がほとんどです。フラップレスインプラントは、切開・縫合を行わない以外にも、審美性に優れていたり、術後の痛み・腫れを抑えることができたりと様々なメリットがあります。

フラップレスインプラントについて、ご興味がある方はお気軽に当院までお問い合わせください。

理事長は国際口腔インプラント学会(ICOI)指導医・認定

理事長は国際口腔インプラント学会(ICOI)指導医・認定
インプラント治療専門の歯科医院である当院の理事長である滝澤聡明は、国際口腔インプラント学会(ICOI)にて指導医・認定医の資格を有しております。

国際口腔インプラント学会(ICOI)は、歯科医療の発展に寄与する事を目的として発足した学会で、当院の理事長滝澤はそこでも活躍しており、「優れた技術、高いクオリティと安全性を保ったインプラント治療を、安価でヒューマンエラーの起きないシステムで行うことで、もっと日本に安全性が高いインプラント治療が広まっていってほしい」という思いを実現するべく行動しております。

当然ながら、当院でもこの考えのもと、歯科医師は勉強会やセミナーなどに参加し研鑽を積んでいます。

10メーカー12種類のインプラント体から最適なものを選択

当院では、インプラント治療専門の歯科医院として、様々な患者様の症状・希望に沿えるように豊富なインプラントをご用意しています。
インプラントは大きく分けて、
・上部構造(歯の表面となる部分)
・インプラント体(歯の根っこにあたる部分)
・アバットメント(上部構造とインプラント体を結合させる部分)
の3つのパーツから構成されています。

この中でもインプラント体は、メーカーや種類によって、メリット・デメリットが異なります。

例えば、歯周病になりやすい方にはアメリカ・バイオホライズン社のインプラント、金属アレルギーの方にはジルコニアインプラント、骨量が足りない方にはショートインプラントなど。

そのほか、忙しく治療時間を短くしたい方にはノーベルバイオケア社やジンマー社のもの、比較的低予算で抑えたい方にはオステム社のものを。

このように様々な患者様の症状・ご希望・ご予算に応じた最適なインプラントをご提供できるようにインプラントの種類を豊富に取り揃えています。

東京駅・日本橋駅・大手町駅からアクセスが便利

東京駅・日本橋駅・大手町駅からアクセスが便利
インプラント治療は事前の検査・カウンセリングから手術、その後のメンテナンスまで、長期間に及ぶことがあります。定期的な来院も、月に1回ほどお願いすることもございます。

当院は、東京駅の徒歩数分内に医院を置くことで、東京都内だけでなく、都外からも患者様がご来院しやすいようになっております。

【電車でお越しの場合】
・JR線「東京駅」八重洲口より外堀通り沿いを北上し、呉服橋交差点(永代通り)を右折し1つ目の交差点(八重洲一丁目)すぐ
・地下鉄「日本橋駅」A7出口すぐ(徒歩30秒)
・地下鉄「大手町駅」C14出口より永代通りを東へ進み、八重洲仲通りに右折しすぐ

金属アレルギー対応のメタルフリー治療

金属アレルギー対応のメタルフリー治療
インプラント治療は、金属アレルギーのリスクを伴います。
現状、金属アレルギーを発症していなくても、口の中にインプラントを埋め込むことによって、金属アレルギーの発症の誘因になることがあります。

治療後一生、使うであろうインプラントが原因で金属アレルギーになってしまう可能性があるのは、患者様にとって危惧すべきことです。

そこで、当院では、金属を使用しない「メタルフリー治療」を導入しております。

「メタルフリー治療」とは、ジルコニアという人工ダイアモンドにも使われる素材を使用したインプラントを埋め入れる治療です。
金属を使用しないだけでなく、高い強度を持つ素材ですので、耐久性や耐熱性にも優れています。また、ジルコニアは人工歯にも使用されており、見た目にも自然な白い歯を作ることができます。

ジルコニアの一番のメリットは、金属アレルギーが発症しないことですが、それ以外にも、生態親和性に優れており、埋め入れ先の骨としっかりと結合し、土台としての役割を十分に果たしてくれます。
この結合が不十分になってしまうと、インプラントがぐらぐらしたり、抜けやすくなってしまいますが、ジルコニアを使用した「メタルフリー治療」ではそのリスクも回避することができます。

金属アレルギーであったり、金属アレルギーの発症を危惧されている方などは、是非当院にて、この「メタルフリー治療」についてお問い合わせください。