京橋エリアでインプラント治療をご検討の方へ

京橋エリアでインプラント治療をご検討の方へ

京橋(きょうばし)は東京都中央区の地名で、旧京橋区に当たる地域名です。「京橋」という地名は、日本橋が起点の東海道で「京へ上る最初の橋」であったことから、その名が付いたとされています。橋は、昔は京橋三丁目と銀座一丁目の間を流れていた京橋川に架けられており、親柱には擬宝珠が飾られていました。この擬宝珠があったのは京橋と、日本橋、新橋の3つの橋のみであり、幕府が京橋を重視していたことが窺えます。昭和34年の京橋川の埋め立てによって橋はなくなり、現在は東京高速道路が走っています。

江戸時代、この地域の中心には東海道(現在の中央通り)が南北に通っており、周辺には職人町が集まり賑わいを見せていました。中でも、材木から桶まで木を扱う職人が多く、現在の京橋一丁目付近は大鋸町と呼ばれ、材木を加工する職人が住んでいました。材木以外では、神田の鍛冶職人が移住してできた町である南鍛冶町、江戸幕府のために畳をつくる、優れた畳職人の町、畳町などがあり、住んでいる人々の職業から多くの町名が付けられていました。また、現在の京橋一丁目から三丁目にまたがる辺りに、長細い町の南伝馬町がありました。南伝馬町とは、大伝馬町、小伝馬町と同じく、江戸時代にこの地から伝馬の飛脚を出していたことからつけられた町名です。

明治・大正時代になると、日本橋と銀座を結ぶ商店街として栄えました。京橋から日本橋に続く「東仲通り」は戦前から骨董美術商の集まる町で、「京橋美術骨董通り」と呼ばれています。現在でも100を超えるギャラリーなどが軒を連ね、世代を問わず国内外の多くの人が、日本の美術、骨董に親しみ、作品に触れる機会を作りだしています。震災と戦後の復興後は多くの企業が進出したことで、オフィスビルが多く立ち並ぶビジネス街となり、京橋とその周辺エリアは、今も昔も多くの人と物が行き来し日本の商業・ビジネスの中心地となっています。

そんな京橋エリアでインプラント治療をご検討中の方に、「東京日本橋デンタルクリニック」のご紹介をいたします。当院は京橋と同じ東京都中央区にインプラント専門クリニックを構えており、JR東京駅や地下鉄日本橋駅からも近く、東京内外からのアクセスもしやすく京橋からは徒歩で10~15分程度です。様々な患者様のご希望や症状に応じて最適なインプラント治療をご用意しております。

フラップレス術式で無切開インプラント


一般的にインプラント治療は外科手術を伴うために、手術中や術後の痛みに対して恐怖感を持たれている方も多くいらっしゃると思います。東京日本橋デンタルクリニックでは、このような方のために低侵襲(身体への負担を少なくする)のフラップレス術式でインプラント治療を行っております。

通常のインプラント手術は、メスで歯茎を切開して歯槽骨(歯を支える顎の骨)から剥離し、ドリルで穴を開けインプラント体(人工歯根)を埋入するというものですが、フラップレスインプラントでは歯科用CTによる事前の正確な診査やシミュレーションによって、切開・剥離をせずにパンチなどで歯茎に小さな穴を開けてドリルし、インプラント体を埋めむ手術の方法です。

歯茎を切開せず骨から剥離をしないので縫合の必要がなく、患者さまの身体にかかる負担を軽減でき手術中や術後の痛みを最小限に抑えることが可能です。身体への負担が少ないので傷口も早く治ります。しかし、フラップレスインプラント術式は高度な技術や整った設備が必要な手術のため、どこの歯科医院でも受けられるというものではありません。東京日本橋デンタルクリニックではインプラント設備を完備しており、全症例の約9割をフラップレスインプラントで治療しているので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

人工骨の使用を極力回避

当院のインプラント治療は、患者様の安全性と手術の成功確率を上げられるように努めています。GBRなどの人工骨の使用を避け、ソケットリフトやサイナスリフトなどのオプション治療をしないで済むようなショートインプラントをご用意しております。短いインプラント体を使用することで患者様への負担を軽減させることができ、人工骨を使用しないことにより術後の感染リスクを抑え、治療費用も抑えられるメリットがあります。

ドリルを使わないインプラント


インプラント治療での体への負担をできるだけ少なくし、安全性を高めるために開発されたインプラント治療の方法が骨拡大インプラントです。骨拡大インプラント治療の特徴は、骨に穴を開ける際にドリルを使わず、骨を削る量も最小限に抑えられるため出血も少く、体への負担も軽いので骨粗しょう症の方にも対応できます。

骨拡大インプラントでは最初に糸くらいの細さのごく小さな穴を開け、その穴に特殊な専用器具を差し入れて少しずつ穴を拡げていきます。施術のすべてを手作業で行うため「誤って骨を貫通させてしまう」「 神経を傷つけてしまう」といった事故リスクが抑えられます。少しずつ骨を拡げることで骨が穴の周囲に寄せられ骨密度も上がっていきますので、骨粗しょう症のような骨密度の低いケースでも適応できる可能性が高くなりました。

骨を削らないため傷も小さく、出血や痛みもほとんどありません。骨の状態をCT撮影などできちんと調べてインプラント治療が可能かどうかの診断をいたしますので、「ドリルが怖い・嫌だ」というお悩みや「骨密度が低いためインプラント治療をあきらめた」という患者さまも、ぜひ一度ご相談ください。

東京駅・日本橋駅・大手町駅から近くアクセスが便利

東京駅・日本橋駅・大手町駅から近くアクセスが便利
インプラント治療は、検査・カウンセリング、手術、歯にあたる人工歯の装着、その後のメンテナンスなどのため、最低でも月に1回の来院をお願いすることがあります。

そのため、患者様には通院しやすい歯科医院でのインプラント治療をおすすめ致します。当院は、患者様がご来院しやすいように「日本橋駅」「大手町駅」「東京駅」からのアクセスが良い立地にありますので、都外や遠方からのご来院もしやすくなっております。

【電車でお越しの場合】
・地下鉄「日本橋駅」A7出口すぐ(徒歩30秒)
・地下鉄「大手町駅」C14出口より永代通りを東へ進み、八重洲仲通り入り口(八重洲一丁目交差点)すぐ
・JR線「東京駅」八重洲口より外堀通り沿いを北上し、呉服橋交差点(永代通り)を右折し1つ目の交差点(八重洲一丁目)すぐ
【新幹線でお越しの場合】
東京駅八重洲口より外堀通り沿いを北上し、呉服橋交差点(永代通り)を右折し1つ目の交差点(八重洲一丁目)すぐ
となっております。

東京都中央区でインプラント治療をお探しの方は是非ご来院ください。