ジルコニアとはZirconia

ジルコニアは、人工ダイヤモンドにも使われる素材です。非常に高い強度を持つだけではなく、耐久性や耐熱性にも優れています。ジルコニアは人工歯にも使用されており、自然な白い歯を作ることができます。このような特徴を持つため、インプラントにも利用されるようになりました。


ジルコニアインプラントのメリットジルコニアのメリット

ジルコニアインプラントが日本で浸透し始めているのは、それだけジルコニアに多くのメリットがあるためです。需要も高まってきており、将来ジルコニアインプラントは日本中に広まるでしょう。それでは、ジルコニアインプラントのメリットをご紹介します。

  1. 金属アレルギーの心配がない
    金属アレルギーは、歯科治療において注意しなければならないことの1つです。金属アレルギーの方が身体に金属のインプラントを埋め込むと、アレルギー反応が起こり、発疹などの症状が現れる可能性があります。そうなると、インプラントを取り除くことになります。このような場合は、ジルコニアインプラントを適用することで、問題を解消できます。ジルコニアは金属アレルギーの心配がなく、安心して使うことが可能です。

    また、インプラントと入れ歯を繋ぐアタッチメントもジルコニア製にすることで、より安心して使えるようになります。さらに、使用するドリルもジルコニア製なので、治療の過程で金属アレルギーが起こる心配もありません。これまでに、金属のネックレスやピアス、指輪、ブレスレットなどで赤みや湿疹などの症状が現れた方は、金属アレルギーの可能性があります。身につけたものの形に赤みが現れた場合は、金属アレルギーの可能性が高いでしょう。

    自分が金属アレルギーかどうかわからないという方も一度ご相談ください。

  2. しっかり噛める
    ジルコニアインプラントは、非常に高い強度と耐久性を持つため、しっかり噛めるようになります。また、壊れにくいためメンテナンスにかかる費用を抑えられます。このように、インプラント治療を受ける際には、将来的にかかる費用についても考慮することが大切です。
  3. 生体親和性に優れている
    通常、インプラントにはチタンが使用されます。これは、チタンが生体親和性に優れているからです。ジルコニアは、チタンと同じぐらい生体親和性に優れているため、インプラントに使用できるのです。骨としっかり結合し、土台として役割を果たします。生体親和性が低い素材を使ってしまうと、骨とインプラントがうまく結合せず、抜けてしまいやすくなります。そのため、生体親和性が良いということは、インプラントに使用する素材の絶対的な条件なのです。
  4. 電磁波の影響を抑えられる
    金属は電磁波を集めます。ジルコニアインプラントであれば、電磁波が集まらないため、電磁波によって起こり得る健康被害のリスクを抑えることができます。電磁波の影響は、これまで様々な専門家が訴えてきましたが、2011年5月に世界保健機関(WHO)による電磁波に対する評価が発表されました。

    携帯電話から出る電磁波には、「発がん性がある可能性を否定できない」という内容です。また、国際がん研究機関(IARC)も、「携帯電話から出る電磁波に発がん性がある可能性が否定できないが、確実なものとは言えない」と評価しています。

    可能性は確実なものではありませんが、このような発表がある以上は、十分に考慮したうえでインプラントの素材を選んだ方がよいと言えるでしょう。

    また、電磁波過敏症の方にもおすすめです。電磁波過敏症の方は、電磁波の影響で全身に様々な不快症状が現れます。インプラントは、頭の近いところに使用するため、電磁波を集めないジルコニアインプラントを使うのがおすすめです。

ジルコニアインプラントのデメリット

ジルコニアインプラントは、様々な面で優れている治療です。しかし、デメリットもあるため、事前に確認しておくことが大切です。ジルコニアインプラントのデメリットを詳しくご紹介します。

  1. あごの骨への負担が大きい
    ジルコニアインプラントは強度が高いため、しっかり噛めます。しかし、それだけあごの骨に直接負担がかかります。そのため、あごの骨の状態などを踏まえて適用できるかを考えなければなりません。
  2. 治療費が高め
    ジルコニアは、素材の中でも比較的コストが高くなっています。治療費が他の素材と比べて高くなるため、少しでも費用を抑えたい方には向いていません。しかし、料金が高いだけあってメリットも多いため、十分に考えることが大切です。

このように、ジルコニアインプラントはデメリットよりもメリットが大きいので、前向きに検討いただくことをおすすめします。