インプラントの構造Structure

インプラントの構造

インプラントの構造は大きく分けて 左記の3つから成り立っています。

インプラント治療を受けられる方のCT撮影は無料です。
また初診カウンセリングも無料で実施しております。

下記に具体的な費用の例を記載いたします。


1ピースと2ピースの違い

インプラントには、1ピースと2ピースがあります。1ピースは、インプラントとアタッチメントが1つになっているもので、2ピースはインプラントとアタッチメントを離せるようになっているものです。


1ピースのメリットとデメリット

1ピースと2ピースには、それぞれメリットとデメリットがあります。まずは、1ピースのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 身体への負担が少ない
    手術回数が少ないため、身体にかかる負担を抑えられます。
  • 費用を抑えられる
    使用するパーツの数が少ないため、費用を抑えられます。
  • 日常生活への支障が少ない
    治療期間が短いため、日常生活への影響を抑えられます。
  • 故障のリスクが低い
    耐久性に優れているため、故障のリスクが低くなっています。

デメリット

  • 適用できないケースがある
    あごの骨に十分な厚みがなければ1ピースのインプラント治療を適用できません。
  • 手術方式は1回法しか選べない
    インプラント治療には、手術回数に応じて1回法と2回法があります。1回法は2回法と比べて顎の骨がしっかりとなければ適用できません。また、骨移植や骨再生を行う場合には、2回法と比べて感染のリスクが高くなります。1ピースは1回法しか選択できません。
  • 人工の歯の形が限られる
    インプラントの埋め込み角度によっては、インプラントに被せる人工の歯の形が限られます。
  • 問題が起きた場合はインプラントごと除去することになる
    1ピースはアタッチメントとインプラントが一体化しているため、何らかのトラブルが起きた際にはインプラントごと除去することになります。

2ピースのメリットとデメリット

インプラントとアタッチメントを分離できる2ピースのメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

メリット

  • ほとんどの症例に適用できる
    2ピースのインプラントは症例を選びません。ほぼすべての症例に適用できます。
  • 手術方式を自由に選べる
    1回法と2回法のどちらも適用できます。
  • 幅広い候補から自分に合った人工の歯とアタッチメントを選べる
    2ピースのインプラントに適用できる人工の歯とアタッチメントの候補が非常に大きいため、よりよい結果に繋がります。
  • 耐久性に優れている
    1ピースと比べて2ピースのインプラントは耐久性に優れているため、衝撃を受けたときの影響が少なくなります。

デメリット

  • 身体への負担が大きい
    2ピースのインプラントは手術回数が多いため、それだけ身体への負担が大きくなります。
  • 費用が高い
    2ピースはインプラントのパーツが多いため、費用が比較的高くなっています。
  • ネジが緩む可能性がある
    ネジを使用している2ピースのインプラントは、将来的にネジが緩む可能性があります。そのため、メンテナンスに通う必要性が、より高くなっています。

9種類のインプラントをご用意9 Types

当院では、全9種類のインプラントを取り扱っております。

  1. オステム社TS3A(韓国製)
    オステム社のインプラントは韓国製ですが、日本でも使用している歯科医院が増えてきています。設備と技術、品質管理に優れている企業で、従来のインプラント体の良いところを取り入れたインプラントを取り扱っています。
  2. バイオホライズン社レーザーロック(アメリカ製)
    バイオホライズン社は、特許技術の「Laser-Lok」を用いた特殊なインプラントを取り扱っています。歯肉とインプラント体の繋がりが強いことが特徴です。これまで25年以上にわたって実験を続けてきており、それだけ安全性が高くなっています。
  3. ジンマー社カルシテックスプライン(アメリカ製)
    ハイドロキシアパタイトでインプラント体をコーティングしており、より強固に骨と結合できるようになっています。そのため、骨粗しょう症の方に適しています。また、抜歯してすぐにインプラント体を入れる手術方法に向いています。
  4. BIOMET3i社T3short(アメリカ製)
    これまで15年以上にわたり実績を積み重ねてきたインプラントで、長期的に使えることが期待できます。表面にはゴールドでコーティングされており、結合を高めています。
  5. ストローマン社SLActive(スイス製)
    ストローマン社は、インプラントにおいて世界シェアNo.1を誇ります。SLActiveは、治療期間を短縮できるインプラントです。また、無菌室で作製されており、無菌状態のまま使用できるようになっています。
  6. IRKOLITH社ジルコニア(スイス製)
    IRKOLITH社のジルコニアインプラントは、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。ドリルもジルコニア製なので、治療過程で金属アレルギーが起こる心配もありません。
  7. ノーベルバイオケア社リプレイス(スイス製)
    インプラント界のパイオニアとも呼ばれるノーベルバイオケア社は、骨と結合する世界で初めてのインプラントを展開しました。固定に優れていることが特徴です。
  8. ノーベルバイオケア社アクティブ(スイス製)
    先端がドリル状になっており、小さい穴にもスムーズに埋め込むことができます。そのため、骨を削る量も抑えられます。
  9. ノーベルバイオケア社パラレルcc(スイス製)
    柔軟性が高く、固定性に優れていることが特徴です。様々な症例に適用できます。