サイナスリフトとは?

インプラント治療は、歯槽骨(顎の骨)に穴を開けて土台を埋入する手術を要する治療です。そのため安定した顎の骨の厚みが必要で、骨が薄い場合はインプラントの土台を埋入することができません。そこでおこなわれるのが「サイナスリフト」。これにより、土台を埋入できる状態にすることができます。もともと骨が薄い方や、歯周病で骨が溶けて薄くなってしまった方も、インプラントを諦めなくてもよいのです。

「サイナスリフト」とはどんな治療?


「サイナスリフトは、上顎の歯槽骨が薄くインプラントを支えることが難しいと判断された場合におこなわれる処置です。「上顎洞挙上術(じょうがくどうきょじょうじゅつ)」とも呼ばれています。
上顎には鼻の位置のそばに上顎洞(じょうがくどう)という空洞があり、個人差はありますが下顎に比べて空洞が広く骨の厚みがもともと薄い方もいます。この部分の骨の厚みを、インプラントが安定する厚みに確保する処置をおこなうのです。

    サイナスリフトを提案される症例

    骨の厚みが5mm以下の場合はもちろん、重度の歯周病で周辺の歯が多数欠損しており数歯まとめて埋入する場合は、インプラントをしっかり固定させる必要があるためサイナスリフトを提案されることが多いでしょう。

サイナスリフトのメリット・デメリットを知りましょう

サイナスリフトは、顎の骨が薄い人でもインプラント治療を受けることができる画期的な施術です。とはいえ外科的処置でもあるため、メリットだけでなくデメリットも含めてしっかり理解した上で受けていただきたいと思います。

    メリット

    最大のメリットは骨の厚みを確保でき、インプラントを埋入することが難しいであろうと判断された人でもインプラントを受けることができるということでしょう。しかも多数歯の修復の場合でも対応可能となることもあるのです。

    デメリット

    インプラント治療が受けられるようにはなりますが、歯茎の切開や骨の切削など、外科的処置を伴います。その後インプラント治療の際には再度同じように切開や切削を必要とします。術後も腫れや痛みを伴うことが多く、身体的な負担は通常のインプラントよりも増えると考えておきましょう。
    また、移植後にすぐインプラントできるわけではなく、移植した骨が周辺組織と結合して安定するまで約半年ほど待ちます。インプラントが完了するまでには長い時間がかかることを覚悟しなければなりません。

サイナスリフト治療の流れ

サイナスリフト施術の流れは基本的に次の通りです。詳しい説明は個々の骨の状態によって違いもありますので、かかりつけ歯科医からしっかり説明を受けましょう。

  1. 麻酔をおこなう
  2. 局所麻酔下でおこないます。外科手術への恐怖心が強い方は「静脈内鎮静法」という麻酔をおこなう場合もあります。

  3. 歯肉の切開
  4. サイナスリフトをおこなう部位の歯茎を切り開き、骨を露呈させます。

  5. 骨の切削
  6. 骨を一部削り、上顎洞を覆う粘膜(シュナイダー膜)を露出させます。

  7. 骨の移植
  8. 上顎洞の粘膜を剥がしてできた隙間に、他の部位から一部切除した骨もしくは人工骨を移植します。

サイナスリフトの費用相場

サイナスリフトはインプラント治療の費用に含まれるのでしょうか?気になる費用面の相場もご紹介します。

    別途費用が掛かります

    サイハスリフトはインプラント同様保険適応外です。そのため自費診療となり、1箇所あたりで10~30万円が相場とされています。歯科医院によって料金に差がありますので、インプラント治療を受けるにあたり必要と診断された場合には、事前に費用の確認をしておきましょう。

サイナスリフトが上手くいかないことはある?

医療技術の発展によって、インプラント治療はめまぐるしく進歩しています。サイナスリフト術が成功しない確率は低いですが、外科手術ですから失敗の可能性はゼロとは言えません。手術の際に移植した骨や人口骨、補填剤などが歯槽骨と結合しない場合に、インプラントをしてもグラグラして安定しないこともあるのです。サイナスリフト術後は、組織が正常に結合することを阻害するようなことは避けるようにしなければなりません。

  • 手術当日に禁止すること
  • 施術当日は激しい運動や入浴はNGです。激しい運動をおこなうと全身の血行が良くなり、術部の出血が止まりにくくなることがあります。入浴で体温を上昇させることも同様です。軽いシャワー程度にしておきましょう。
    また、術部を手や舌の先で触るのも厳禁。雑菌に感染して感染症を起こしてしまうと、患部の治りや骨の定着を阻害してしまいます。

  • 食事で気を付けることはある?
  • 術後すぐに熱いものや刺激物などを食べたり、固いものを噛むなどしてしまうと、周辺組織にストレスを与えてしまいます。感染や炎症の原因になり、骨の結合を阻害してしまう恐れがあるので注意しましょう。始めは柔らかいものを食べるなど、徐々に慣らしてくださいね。

  • しばらく鼻を強くかまない
  • サイナスリフトは鼻腔の近くで施術しています。術後に鼻を強くかんでしまい、骨造成のために入れている補填剤などが漏れてしまったり、術部に強い刺激を与えてしまい、定着を阻害してしまう恐れがあります。特に術後3日程度は注意が必要です。

  • 喫煙は厳禁!
  • 喫煙すると毛細血管が収縮し、傷の治りを阻害するリスクがあるため、インプラント治療全般で禁止事項として説明がありますが、サイナスリフトも顎の骨に施術するため同様です。「まだインプラントは埋めてないから」と喫煙してしまうと、その後の治療もできなくなる恐れもあります。

まとめ

サイナスリフトは、生まれつき上あごにある上顎洞の穴の大きさや、歯周病で骨が薄くなっていている人にとって画期的な治療。通常ならインプラント治療を諦めなければならない骨の厚みを補うことで、インプラント治療を受けることができます。まずは精密検査を受け、治療が必要かどうか歯科医師に相談しましょう。