インプラント治療の安全性をご紹介

インプラント治療は、喪失した歯があった部分の歯茎を切開し、その下の顎の骨(歯槽骨)に穴を開け、金属の土台(インプラント体)を埋入する外科手術を伴います。機能性・審美性にとても優れた修復方法と解っていても、安全性に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。そこで今回、インプラント治療の安全性を詳しくご紹介します。治療方法選択の参考にしていただきたいと思います。

インプラント埋入手術に関する安全性について

一番大きな不安といえば「外科手術」に関してではないでしょうか。まずは外科手術に関して、痛みは起こるのか、治療の安全性はどれくらいか、手術後にトラブルを起こすことはあるかなど、全般的な安全性についてご紹介します。

手術中の痛みは?

    インプラント手術は、麻酔下でおこなわれ、患者が痛みを伴わないよう配慮をおこないます。通常は局所麻酔が主流ですが、恐怖心が強い方などに関しては「静脈内鎮静法」などを用いた全身麻酔下でおこなうこともあります。手術中に耐えられない程の痛みを感じることはほとんどありませんのでご安心ください。

    治療中の失敗の可能性は?

      大多数のインプラント手術は、安全性において心配されるようなことはありません。ただし何かしらのトラブルが起こる可能性もゼロではありません。治療中の安全性に不安要素があるとすれば、施術する歯科医師の「失敗」です。手術のための準備を怠らないことや、高度な技術と経験値が左右することもありますので、患者側の歯科医院選びも重要になります。特に症例として難しいと判断されるような場合は、高度な知識と技術、これまでの経験が豊富な歯科医師と経験の浅い歯科医師では、どうしても後者の方がリスクは高くなってしまいます。

      手術後にトラブルを起こすことは?

        正しいインプラント手術がおこなわれていれば、術後の安全性に関して過度に心配する必要はありません。とはいえ、インプラント手術を無事終了したと思っていたのに、予後が悪くトラブルを起こすという例もあります。例えば、術後の痛みや腫れが治まらない、インプラントがいつまでも安定しない、最悪の場合抜け落ちてしまうといった事例です。これには先ほどの「治療中の失敗」に気づかずのちにトラブルが生じることもありますが、術後のメンテナンスを十分におこなわなかったためにトラブルに進展してしまうということもあります。

        インプラント」自体に関する安全性

        「金属を顎の骨に埋める」ということ自体に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。ここでは、インプラント体に使われる素材や身体との適合性などを紹介します。特に金属アレルギーをお持ちの方(またはその可能性がある方)は素材もしっかり確認して頂きたいと思います。

        インプラントの素材に関する安全性

          大多数のインプラントには「チタン」が使われています。これは、骨折時などに整形外科で体内に使用されるボルトやナット、プレートなどに使用されている素材と同じで、骨や周辺組織に適応しやすく金属アレルギーが起こりにくいとされています。ただし、インプラントによっては純チタンのみのものもあれば、チタン合金のものもあります。安全性を重要視するのであれば、事前に使用されるインプラントのメーカー等を確認しておかれるのもよいでしょう。

          日本で使用されるインプラントの安全性

            インプラント治療は世界各国でおこなわれています。インプラントの種類は100種類以上といわれており、日本では厚生労働省認可のもので約30種類ほどが使用されています。
            とはいえ、歯科医師の判断の下、海外製品も輸入することは認められているため、中には安価な材料でコストを抑え、一般的な金額よりも安い治療費を金額提示をしている場合もあります。安価な治療全てが危険とは言えませんが、安全性を重要視するのであれば、どのようなインプラントを使用しその素材や保証なども確認されることをお勧めします。

            妊娠中の方

              インプラントをおこなうためにはさまざまな検査が必要です。レントゲンやCTの撮影をおこなう必要もあります。また、術後は抗生物質や痛み止めなどの投薬もあります。また、術中は長時間仰向けの姿勢を必要とされます。母体だけでなく胎児への安全性も考えると、妊娠中、授乳期などは治療をおこなうことは避けられます。

              まとめ

              一番大きな不安といえば「外科手術」に関してではないでしょうか。まずは外科手術に関して、痛みは起こるのか、治療の安全性はどれくらいか、手術後にトラブルを起こすことはあるかなど、全般的な安全性についてご紹介します。