インプラントは保険が適用可能なのか

インプラントといえば「高額」なイメージ、ありませんか?
入れ歯やブリッジに比べて綺麗な見た目と、まるで天然歯の時と同じような機能性を回復することができるインプラント治療はおすすめの治療法ですが、費用が気になって治療に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は「インプラントは保険診療対象になるのか」ということを中心に、費用について細かくお話ししたいと思います。
現在インプラントにしようか迷われている方は、ぜひ参考にご覧くださいね。

インプラント治療は基本的に「保険適応外」です

保険適応外

現在、日本の歯科診療で定められている治療・修復の方法として、インプラントは保険適応外の治療となっています。そこで治療に伴う費用は全額患者側が負担しなければなりません。金額は歯科医院が定めた自由診療となり、医院によってバラつきがあります。

費用の違いは?

インプラントにかかる費用は、初回の相談から始まり、検査・診査、外科手術などの施術に罹る費用。また、インプラントの材料費、術後のメンテナンス費用などがあります。
これらすべてに保険診療のような規定が無く、歯科医院の自由診療となりますので、医院によって違うため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

インプラント治療にかかる費用の目安

インプラント治療には虫歯の治療や歯周病治療と違って多くの工程があり、ひとつひとつに費用が設定されていることが多いです。中には、インプラント自体の金額を謳って安価に施術が受けられると感じる広告で出されていることもありますから、歯科医院選びも慎重にされることをおすすめします。

  • 初診(受診)料・検査料:約15,000~50,000円
  • まずは喪失した部分の状態を確認するため、問診をおこなったりレントゲン撮影をしたりと検査をおこないます。歯茎の状態や内部の顎骨・周辺組織の状態を確認することも大切です。

  • インプラント体埋入外科手術:約100,000~400,000円
  • インプラント治療の要となる、土台の埋入手術です。顎骨に穴を開け、人工歯根(フィクスチャー)を埋入します。手術費用は本数や顎の骨に処置が必要かどうかなどの状況が費用に大きく差が出る要素です。

  • インプラント治療に必要な材料費:約100,000~150,000円
  • インプラント治療には、土台となる人工歯根(フィクスチャー)、人工歯(上部構造)、人工歯根と人工歯をつなぐアバットメントからできており、使われている素材によって費用に差が出ることがあります。さまざまなメーカーがあり、使用されている素材の違いなど詳しい内容は歯科医師から提案があります。

  • 術後のメンテナンス費用:1回につき約5,000~10,000円
  • インプラントは入れたら終わりではありません。日々のセルフメンテナンスや定期的にプロによるメンテナンスを継続することで寿命も長く安定して使うことができます。
    インプラントメーカーによっては本体に保険がついているものもありますし、メンテナンスの費用も初期費用に含まれているのか、メンテナンスごとに支払うのかなど、歯科医院によって違いますので事前に確認しておきましょう。

インプラントが保険適応になる例もある?

インプラント治療を受けるにあたり、インプラントは基本的に保険適応外ですが、まれに保険適応になる場合があります。それはどのような場合でしょうか。ここで例をご紹介しますので、ご自身が適応するかご確認してみてください。

保険適応例

  1. 過失の無い歯の喪失の場合
  2. 突発的な事故や病気等によって顎の骨を失った、または生まれつき顎の骨が薄いことによって歯を失ったなどのケースでは、保険適応でインプラント治療を受けることができるケースがあります。いくつかの条件がありますので、当てはまるかもしれないという場合には事前に歯科医師にご相談くださいね。
    ただし、虫歯や歯周病の重症化で歯や顎骨を失った場合は保険適応になりません。

  3. 医院の設備・条件
  4. 保険適応対象の症例であったとしても、治療を受ける病院にも条件があります。入院用ベッドが20床以上の歯科・口腔外科等であり、医療機器や医薬品を安全管理できる体制を整えた病院での施術で、当直体制が完備されている場合という条件です。
    また、治療に当たる歯科医師は、上記の条件下の病院で5年以上の臨床経験があるか、もしくは3年以上のインプラント治療の経験がある歯科医師が2名以上勤務していることが条件です。条件が多いため、事前に歯科医院に保険適応の症例に対応してくれる病院であるか確認しておく必要があります。

インプラントの治療費を抑えることはできる?

インプラントの治療費は抑えることができるの?

直接的に歯科医療保険は適応にならず、窓口で全額負担になったとしても、そのあと治療費を一部取り戻したりすることで、かかる費用を抑えることができる場合があります。
ここでいくつかご紹介いたします。
費用についてお悩みの方はご参考にしてみてください。

費用抑制例

  1. 個人的に加入している医療保険
  2. 中には、個人的に加入している医療保険の条件によっては、一部負担してもらえる可能性はあります。中には昨今のインプラント治療の普及も奏してか、インプラント治療に対応している保険も増えてきています。加入時の細かい条件まで覚えている方も多くないと思いますので、事前に保険会社に問い合わせておくのもよいですね。

  3. 医療費控除を受ける
  4. 1年間に支払った医療費の合計額が10万円以上の場合、所得税が減税されて一部返還される制度があります。インプラント治療は医療費控除の対象です。意外と知られていないことがありますので、ぜひ制度を利用していただければと思います。

  5. 分割払い・ローン払い
  6. インプラントは高額になることが多いため、歯科医院によっては分割払いやデンタルローン、クレジットカード払いが可能な場合もありますから遠慮なくお尋ねください。全体の金額は同じでも、分割であれば治療可能という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まとめ

インプラント治療の費用の相場は30~50万円と高額で自費治療です。支払に不安で治療を迷われても当然のこと。とはいえ、一度に全額請求する歯科医院はほとんどありませんし、逆にそのような歯科医院は良心的とは言えません。
高額だからと保険適応の入れ歯やブリッジを希望される方もいらっしゃいますが、機能回復など予後を考えてインプラントもぜひご検討ください。支払いに関しては、自費治療こそしっかり確認していただき、何でもご遠慮なく歯科医院にご相談ください。