インプラントのメリット・デメリットとは

インプラントとは、虫歯や歯周病、怪我や事故などで失った歯の機能を補うための治療法の1つです。現在に至るまで、さまざまな研究や改良がなされ世界中に普及していきました。しかし歯茎にメスを入れ、歯を支えている歯槽骨にインプラント体を直接埋め込むために、治療することを躊躇してしまう人も多く見受けられます。そこで今回は、インプラントのメリット、デメリットについて理解を深め、インプラント治療に取り込む手助けとなる情報をご紹介してまいります。

インプラントの歴史について

インプラントとは、歯を支える骨である歯槽骨にチタン製やジルコニア製のインプラント体(フィクスチャー)を埋め込み、失った歯の機能を補う歯科治療法の1つです。

1952年にスウェーデンのブロ-ネマルク博士により、チタンと人骨が結合することが発見されたことにより、革命的に進化を遂げました。インプラント治療は人骨とチタンが結合することが発見されるまで、金、鉄、コバルト、ステンレス、サファイアなど、さまざまな素材でインプラント体を製作し、実験や研究を繰り返していましたが人骨と結合する素材はなく、インプラント体を歯槽骨に埋め込んでも結局は残存歯などに固定しなくてはならず課題となっていました。

1965年から臨床応用され日本でも1980年代頃に一般に普及されるようになり、インプラント治療を専門におこなう歯科医院も開業し始めました。

インプラントのメリット・デメリット

ジルコニア・インプラントのメリット・デメリット

1度失った永久歯は二度と生えてくることはありませんが、抜けたまま放置することは望ましくありません。インプラントで失った歯の機能を補う治療を受ける場合には、歯茎を切開し歯槽骨にインプラント体を直接埋め込む治療法のため、治療を受ける前にはしっかりとメリット・デメリットを把握することが大切です。

インプラントのメリット

  • 健康な歯を削る必要がない
  • 両隣の歯を土台にするために健康な歯を削るブリッジとは異なり、インプラント治療では健康的な歯を削ることはありません。

  • 自身の歯のように咬める
  • 歯槽骨に土台となるインプラント体を直接埋め込むために安定性が得られ、自身の歯のように食べ物を咬み砕くことが可能です。

  • 食感を楽しめる
  • 入れ歯とは異なり歯槽骨に直接埋め込んでいるインプラントは、食べ物を噛んだ食感を直接歯槽骨で受けるために、自身の歯と同等に食感を楽しみながら食事をすることが可能です。

  • 安定した発音
  • 入れ歯の場合は残存歯にクラスプをかけ維持するために、入れ歯が障害になり発音が不安定になってしまう場合もありました。しかしインプラントは歯槽骨に埋め込むため、安定した発音を期待できます。

  • 着脱する必要がない
  • 入れ歯のように取り外す必要がなく、自身の歯と同等に毎食後の歯磨きや口腔ケアをおこなうのみとなります。

  • 審美的に優れている
  • 部分入れ歯を支えるバネ(クラスプ)が口元から見えることもなく、天然の歯と見分けがつかない補綴物(上部構造)を装着するため、審美性に優れています。

  • 歯槽骨の吸収を抑える
  • 歯を支える役目を失った歯槽骨は吸収されやすく健康な歯に影響を与えかねませんが、インプラント体を直接歯槽骨に埋め込むために、歯槽骨の吸収を抑えることが可能です。

  • 虫歯にならない
  • インプラント治療の補綴物(かぶせ物)は人工歯のため、虫歯になりません。しかし、虫歯にならないからといって歯磨きをしなくていいわけではなく、お口の中を清潔に保つためにも毎食後はしっかり歯磨きしましょう。

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要
  • インプラント治療は、歯茎を切開し歯槽骨に直接インプラントを埋め込む外科手術が必要になります。

  • インプラント治療を受けられない場合もある
  • インプラントを埋め込む部位の歯槽骨の量や質、高さなどの条件が満たされない場合、インプラント治療を受けられない場合もあります。また、服用している薬によっては服用の調整が必要である場合や、治療自体を受けられない場合もあります。

  • 術後の腫れや痛み合併症のリスク
  • インプラント治療は、歯肉を切開し歯槽骨に直接インプラントを埋め込むために術後の腫れや痛み、合併症を伴う場合があります。

  • 食べものが詰まりやすい
  • 歯を失った際に歯肉は衰退します。そこにインプラント体を埋め込むために、歯と歯の間の山型の歯肉部分である歯間乳頭が十分に再形成されずに、本来歯冠乳頭があるはずの空間に食べものが詰まりやすくなる場合もあり、歯間ブラシなどによる清掃が必要となります。

  • 自費診療
  • 全身疾患や不慮の事故、生まれつき1/3以上歯や歯槽骨が欠損している場合にはインプラント治療であっても保険診療は適用されますが、虫歯や歯周病で歯を失った場合には保険は適用されず自費診療となります。

  • 治療が長期間になる場合も
  • 入れ歯や、ブリッジと比較すると、インプラントの治療期間は数カ月を要し、歯槽骨の状態や埋め込むインプラントメーカーによっても多少異なります。

  • 定期的なメインテナンスが必要
  • インプラント治療は歯槽骨にインプラント体を埋め込み、上部構造である人工歯を装着することでインプラント埋入工程は終了となりますが、インプラントを埋入している限り定期的にメインテナンスをおこなうことが必要です。

  • インプラントを維持できない場合も
  • 天然の歯は歯を支える組織でもある歯根膜により細菌の感染から守られています。しかしインプラント体を埋め込んだ歯槽骨には歯根膜は存在しないために、細菌に感染しやすくインプラント周囲炎になりかねません。インプラント周囲炎は歯肉を炎症させ、しまいにはインプラントが抜け落ちたり維持できなくなる恐れのある疾患です。末永くインプラントを維持するためにも、日頃の口腔ケアが大切です。

まとめ

以上、インプラント治療のメリット・デメリットをご紹介してまいりました。インプラントは入れ歯やブリッジと並び、失った歯の機能を補う治療法として確立されている治療法の1つです。正しい知識を持ち治療を受けることが、更なるお口の健康にも繋がっていきます。インプラント治療のメリット・デメリットを確認し、理解を深めていきましょう。