インプラント費用について詳しく知ろう!

実際インプラント治療を受ける場合には、どのぐらいの費用がかかるかのものなのか、ご存知でしょうか。インプラント治療は条件が合えば保険診療を受けられるようになりましたが、基本的に自費診療であり、インプラントの種類や歯科医院によって、その価格はさまざまであります。そこで今回は、インプラント費用はどのくらいかかるのか、相場はどのぐらいなのか、ご紹介してまいります。

インプラント費用はどのように定められているの?

フラップレス・インプラントとは

インプラント費用は、保険診療と自費診療かで患者さまが負担する費用も異なります。インプラント費用は高額なイメージをお持ちの人も多く見受けられますが、かつては自費診療のみであったインプラント治療も、2012年4月より条件を満たした場合のみ保険診療でインプラント治療を受けられるようになりました。

フラップレス・インプラントは、治療に今一歩踏み出せない患者さまにもおすすすめの治療法です。インプラントを歯槽骨に埋入するには、少なからず歯肉に穴を開けなければなりませんが、その穴はわずか3mm程であり、従来のインプラント治療後に予想される患部の腫れや疼痛を軽減させ、更には治療期間を大幅に短縮することが可能となりました。
自費診療の場合には、歯科医院ごとにインプラント費用を定められるために、その費用はさまざまです。

インプラント費用・保険診療の場合

インプラント治療を保険診療で受ける場合には、下記の条件を満たした場合のみに適応されます。一般的な虫歯や歯周病で歯を失い、インプラント治療が必要となった場合には保険診療適応となりません。

保険診療適応条件
  • 事故などの外傷により、顎の骨などを損傷して歯を失った場合
  • 口腔癌などにより、顎の骨を摘出して歯を失った場合
  • 先天性疾患により顎の骨の1/3以上が欠損していて歯がない場合

上記に合わせ、インプラント治療を保険診療で受ける場合には、治療する側の歯科医院にも条件が定められています。

歯科医院施設の条件
  • 入院用ベッド数20床以上
  • 歯科医師2名以上の常勤(医師の条件として歯科・口腔外科での5年以上の臨床経験、インプラント治療3年以上の経験を有するもの)
  • 当直体制が整っている事
  • 医療機器、医薬品の管理体制が整っている事

これら条件が備わっている大学病院の口腔外科や歯科大学病院などで、保険診療を受けられることが可能であり、インプラント費用は国が定めるインプラント治療にいて、本来かかる金額の数割の負担となります。

インプラント費用・自費診療の場合

保険診療が適応されない場合には、全て自費診療となりますが、歯科医院ごとにインプラント費用は異なります。では、インプラント費用の相場はどのくらいなのでしょうか。

近年では激安、低価格な金額設定のインプラント治療をおこなう歯科医院も存在するようですが、インプラント治療は数ある症例の中でも施術者である歯科医師の技術が求められるのはもちろんのこと、それにともなった費用もかかる治療の1つです。歯槽骨に医療機器であるインプラントを埋め込む手術を受けなければならず、インプラント費用の相場を把握し、信頼における歯科医院での治療を受けることをおすすめします。

インプラント費用・相場はどのくらい?

フラップレス・インプラントの工程

インプラント費用の相場は、1本30万円から50万円ほどと言われています。歯科医院のホームページで価格を提示していますが、ほとんどの場合はインプラント費用の総額を提示しており、その内訳は以下のようになっています。

インプラント費用・基本内訳
  • 精密検査、診査の料金
  • インプラント手術の料金
  • 人工歯(上部構造)の料金
インプラント費用・別途発生する場合
  • インプラント治療中の仮歯料金
  • 抜歯の料金
  • 術後の処置の料金

インプラント費用はインプラントの種類や部位によっても異なり、その費用はさまざまです。インプラント治療を受ける前には必ず、提示されたインプラント費用の内訳を確認し、別途発生する場合の費用等を含め、確認しましょう。

インプラント費用・インプラントメーカーによって異なる

インプラント費用・メーカーによって異なるインプラントは日本を含め、世界中のインプラントメーカーから発売されています。その種類は数百種類にも及び、数十年に渡る臨床データで安全性が立証されたインプラント、衛生管理されたインプラントから、コストだけを重視したインプラントとさまざまです。インプラントは身体に埋め込む医療機器であるために、骨との結合性や、人体への親和性なども考慮し、信頼におけるメーカーを選択することをおすすめいたします。

インプラント費用・上層構造の人工歯によって異なる

インプラント費用・上層構造の人口歯によって異なるインプラント治療の要となる上層構造の人工歯(被せ物)の種類によって、インプラント費用は異なります。口元から見える人工歯(被せ物)部分の選択は重要であり、機能性や耐久性はもちろんのこと審美性を最優先したオールセラミック製の人工歯(被せ物)や、審美性はもちろんのことコストを抑えたハイブリットセラミックの人工歯(被せ物)などそれぞれ特徴があり、審美性を最優先にした人工歯(被せ物)は費用が高額になります。

インプラント費用・インプラントを埋め込む部位によって異なる

インプラント費用・インプラントを埋め込む部位によって異なるインプラントを埋め込む部位により、インプラント費用は異なる場合もあります。前歯部分にインプラントを埋め込む場合には、審美性を求めた人工歯(被せ物)を選択すれなするほどにインプラント費用は高額になります。

また、前歯部分の歯槽骨の量や高さが足りず、骨造成などをおこなわなければインプラント治療をおこなうことが難しいケースもあり、インプラント費用は前歯の方が高額になる傾向が多く見受けられます。

インプラント費用・地域によって異なる

インプラント費用は治療を受ける地域によっても異なります。先程、インプラント1本30万円から50万円とお伝えしましたが、地方都市に比べると東京や大阪など主要都市の方が比較的インプラント費用は高額であり、地域によって費用に差が生じる傾向が見受けられます。

まとめ

今回は、インプラント費用についてご紹介してまいりました。インプラント費用の相場は1本30万円から50万円と高額なイメージではありますが、同じインプラントでも歯科医院によって値段が違ったり、インプラント体の種類やオプション費用なども異なります。
治療を受ける前に必ずどのぐらいのインプラント費用が必要になるのかを、確認することが大切です。また、セカンドオピニオンなどでいくつかの歯科医院でカウンセリングを受けてみてから判断するのも良いでしょう。