インプラントはお口の中のケアをしっかりと行うと、長く良い状態で使うことが出来る治療方法です。ただし、インプラント手術後のケア次第で寿命が変わってくる治療法でもあります。そこで今回はインプラントの寿命についてと寿命を延ばす方法について詳しくご紹介しますので参考にしてみてください。

インプラントの寿命はどのくらい?


インプラント治療の10年後の残存率は9割を超えています。また、初めてインプラント治療をした患者さんが40年以上インプラントを使用することができたという症例もあります。インプラントは治療後にどの様なケアを行うかによって、寿命の長さが異なってきます。そのため、普段のセルフケアをしっかりと行い、定期的にメンテナンスも行うと長く良い状態で使用できる治療方法となります。

インプラントの寿命を短くする原因とは?

・インプラント周囲炎

インプラントは天然歯と同様に汚れをしっかりと落としケアをしないと、歯周病と同じ症状の炎症を起こす『インプラント周囲炎』になります。インプラント周囲炎は歯周病と症状は良く似ていますが、違う点はインプラント周囲炎の方が、進行が早いということです。これは、天然歯には歯根膜というクッションの役割をした膜がありますが、インプラントには無く、歯周病菌の細菌感染によって引き起こされる骨吸収をダイレクトに受けてしまうからです。そのため、インプラント周囲炎の原因菌を含むプラークを毎日きちんと除去することが大切です。インプラント周囲炎の予防には自宅でのセルフケアを十分に行いましょう。

・メインテナンスが不十分

毎日歯磨きをしていても苦手な部分や磨きにくい所は細かい部分に汚れが残ることがあります。そのまま放置するとその部分に細菌が増殖して、インプラント歯周炎のリスクになります。そのため、歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けましょう。歯磨きだけでは落としきれない歯石やバイオフィルムをしっかり除去することができます。また、どこに汚れが着いていたか、その部分はどの様にして汚れを落とすか確認して、歯ブラシやデンタルフロスなどの正しい選び方なども聞くことができます。

・歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしりや食いしばりは無意識のうちに行っていることが多く、非常に強い力がかかり、50キロ以上もの力がかかることもあると言われています。また、インプラントは歯根膜がないので、クッションの役割がなく、衝撃を分散できずにそのまま受けてしまいます。この力は自分でコントロールすることが難しいので、対処する必要があります。そのため、マウスピースを使用してその衝撃を軽減しましょう。

【インプラントの寿命を延ばすには?】

・自宅でのセルフケアをしっかり行う

インプラントの寿命を延ばすにはお口の中を清潔にして汚れがない状態を保つことが大切です。そのためには、毎日の歯磨きをしっかりと行い、細かな部分も汚れを除去する事が必要になります。特にインプラントと歯ぐきの境目に汚れがつくことが良くないので、歯ブラシだけではなく、デンタルフロスやタフトブラシなど補助的清掃用具も使用すると良いでしょう。細かな部分はデンタルフロスを通すことで歯と歯の間の汚れを落とすことができます。また、被せ物の形態で歯ブラシの毛先が届きにくい部分は小さな三角のタフトブラシを使用して汚れを落としましょう。

・歯科医院で定期的にメインテナンスを行う

毎日歯磨きをしていても、汚れが残りやすい部分や苦手な所は磨き残しが出てしまうことも多いでしょう。その場合には、自分で磨き切れない部分を補うためにもメンテナンスを受けて、歯科医院にてクリーニングをし、その部分はどの様に磨いたら良いのかブラッシング指導を受けましょう。その他にはインプラントで重要な噛み合わせも確認して、負担になっていないか確認していきます。インプラントに強い力がかかりすぎないように、少しでも噛み合わせが強い時には被せ物を調整します。

・喫煙を控える

健康面からもタバコはリスクになりますが、インプラントにとっても喫煙はハイリスクになります。タバコを吸うと、ニコチンが血管を収縮させて血流が悪くなります。そのような状態になると、酸素が行き渡りにくくなりインプラントと骨が結合する時に結合しにくくなります。そしてニコチンは免疫力を低下させて、炎症を起こしやすくします。特にインプラント手術直後は喫煙を避けることが望ましいでしょう。
また、喫煙をすると唾液が少なくなるので、細菌が増殖しやすい環境になります。そうするとインプラント周囲炎のリスクが高くなってしまうので、喫煙を控えることが望ましいでしょう。

・信頼できるインプラントメーカーを選ぶ


日本だけでなく、世界的に普及しているインプラントメーカーは実績もあり安心です。ノーベルバイオケアやストローマン、アストラテックなどは日本でも普及しており、強度だけでなく安全性も高く安心して治療することができるでしょう。
また、一般的に普及しているインプラントメーカーは転居などでかかりつけの歯科医院に通うことが難しくなった場合にもほかの歯科医院で対応しやすくなります。インプラントメーカーが違うと器具が違うので、インプラントの取り外しなどもできなく、メンテナンスで不都合が生じることもあります。そのため、一般的に広く普及しているインプラントメーカーを選ぶ方が良いでしょう。

・全身疾患の管理をきちんと行う

糖尿病で血糖値のコントロールができていないと免疫力が低下して歯周病に対しての抵抗力も弱まってしまいます。そのため、インシュリンの投与などで血糖をコントロールしてインプラントのリスクを減らします。
また、糖尿病の方は歯周病になりやすいのですが、歯周病が改善すると糖尿病も安定するという相互の関係もわかってきています。インプラントのリスクを減らすためにも、できるだけ健康や全身疾患の管理を行いましょう。

まとめ


インプラントはメンテナンスできちんとケアをすると、長く良い状態で保つことができます。またケアをすることでインプラント部分だけでなく、他の歯も安定して良い状態をキープできます。インプラントはケア方法によって寿命が変わるので、しっかりケアをして出来るだけ長持ちさせられるようにしましょう。