インプラントは審美性にも機能性にも優れた治療方法でありますが、インプラントを末永く維持するためにはセルフケアだけではなく、歯科医院での定期健診がカギとなり欠かせないものとなります。しかし、中にはインプラント治療後の定期健診を疎かにしてしまう患者さまも少なくありません。そこで今回は、インプラント治療後の定期健診の重要性について、詳しくご紹介していきます。

なぜ定期健診が必要なの?


では、なぜインプラント治療には、定期健診が必要なのでしょうか。それは天然歯とインプラントの違いにあります。

【天然歯】

・歯根膜がある
・歯肉繊維が垂直
・血液供給が多い

【インプラント】

・歯根膜がない
・歯肉繊維が水平
・血液供給が少ない

▼歯根膜

天然歯ではない故のデメリットでもありますが、インプラントは天然歯とは異なり歯根膜が存在しません。なぜならば、歯根膜は歯根部分を覆うように存在する組織であり、天然歯が抜けてしまうと同時に歯根膜を失ってしまいます。そのため、インプラントを埋入する場合には、歯根膜が存在しません。

歯根膜とは歯周組織と呼ばれる歯を支える機能を持つ組織の1つであり、歯根膜の他には歯肉、セメント質、歯槽骨がそれにあたります。歯根膜はクッション性が高く、上下の歯が咬み合う衝撃から歯と歯槽骨を守る役割がありますが、インプラントには歯根膜が存在しないために、直接衝撃がインプラントと歯槽骨に伝わりやすく、支障が生じる場合があります。また、歯根膜は歯周組織を再生する特徴があり、天然歯にとって大切な役割を果たす組織として認識されています。

▼歯肉線維

歯肉線維とは歯肉に天然歯を固定する役割や、歯肉の形状を保つ役割があり、天然歯に対して垂直に向かって線維が走っています。しかし、インプラントを歯槽骨に埋入した後には、インプラントと平行に線維が走っている形状に変化するために、インプラントと歯肉が結合しにくく、剥がれやすくなっています。また、それらによって一度歯肉に炎症が起きてしまうと、一気に炎症が進行しやすい傾向にあり、インプラントを失いかねません。

▼血液供給

天然歯の場合には、歯肉、歯槽骨、歯根膜から血液の供給を受けることができますが、インプラントの場合は、歯肉、歯槽骨のみからの血液供給となるために、歯周ポケットの中には細菌と戦う血液成分である好中球が天然歯と比べると少ないため、細菌からの感染に弱く、歯肉に炎症が生じやすい環境下にあります。

インプラント周囲炎はインプラントの敵


インプラントは前述でご紹介した通り、天然歯に比べると細菌に感染しやすい環境下であるため、歯肉に炎症が生じるリスクも高まります。また、インプラントには歯根膜が存在しないために、1度炎症した歯周組織を再生することが困難となり、症状が改善しにくく、最後にはインプラントを支えきれず、維持できなくなってしまう程に進行してしまいます。これらの症状をインプラント周囲炎と呼び、インプラントを埋入している場合には、一番避けるべき状況として広く認識されています。そのことからも、インプラント埋入後の定期的な定期健診が必要とされています。

インプラントの寿命はどのくらい?

インプラントの寿命は約10年と言われ、入れ歯は約5年、ブリッジは約8年と、三者を比べてみてもインプラントは、最も長い期間、維持することのできる治療法であります。しかし、全ての患者さまがインプラントを約10年も維持できるのではなく、セルフケアはもちろんのこと、歯科医院で行う定期健診を受け、インプラント周囲炎を予防することがインプラント平均寿命まで保つキーポイントとなります。

定期健診の内容

では、歯科医院で行う定期健診はどのような内容なのでしょうか。インプラントを長期に渡り維持できるように、歯科医院では家庭では行うことのできないPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)を中心に行います。
PMTCとは、有資格者である歯科医師や歯科衛生士が、専用の歯科医療機器を使用して行う口腔ケアの総称であり、詳しい内容は以下の通りとなります。

▼目視確認

むし歯や歯周病の有無、口腔内の状態(咬み合わせ)、インプラント上部構造(補綴物)に問題はないか、全身の状態も合わせて目視確認します。中でも咬み合わせは日々変化し続けるために、咬み合わせの変化によりインプラントに負担が掛かると、インプラントの補綴物が割れてしまったり、ネジが緩んでしまったりする恐れもあるために定期的に確認が必要となります。

▼レントゲン撮影

レントゲン撮影を行い、インプラント周囲の歯槽骨吸収の有無を確認します。歯槽骨の吸収がある場合には、インプラント周囲炎と判断されます。

▼歯ブラシ指導

染め出しを行い、日頃から磨けていない部位を中心に歯磨き指導を行います。定期健診だけではなく、毎日のセルフケアも重要となるために、正しい歯磨きの仕方を身に付けられるように指導を行います。

▼歯面清掃

普段の歯磨きでは落としきれない汚れを、専用機器や研磨剤を使用して磨き落とします。

▼スケーリング

普段の歯磨きでは落としきれない汚れである歯石を、スケーラーと呼ばれる専用機器を使用して除去していきます。歯石は無機化していますが、歯周病(周囲炎)の原因菌を含む、プラークを呼び寄せてしまうために、除去を行う必要があり、通常のスケーラーは金属でありますが、インプラント部分にはプラスチックやカーボン製のスケーラーを使用します。

まとめ


今回は、インプラント治療後の定期健診についてご紹介して参りました。インプラントを歯槽骨に埋め込み、補綴物を被せることで治療が完了するのではなく、末永くインプラントを維持するために、歯科医院にて定期健診を行い、インプラント喪失のリスクを伴うインプラント周囲炎を予防することが重要となります。
また、定期的に歯科医院を受診することで、インプラント以外の天然歯のケアも行えることからも、お口の健康へと繋がります。インプラント治療後に定期健診を疎かにすることは、インプラント喪失のリスクを伴うために、定められた時期に歯科医院への受診をおすすめ致します。