歯科医院を自由に選択することは患者側の当然の権利です。とはいうものの、すでに通院中・治療中の場合などは特に、歯科医師に対して遠慮してしまいセカンドオピニオンすることを迷われる方も多いようです。ご自身の健康のためにも、ぜひ納得のいく歯科医院で治療を受けていただきたいと思います。

セカンドオピニオンとは?


「セカンドオピニオン」とは、患者さま自身が一番納得のいく方法を選択するために複数の歯科医院を受診してから選択することです。また、通院中に不信感を覚えたり、他の治療法はないのかと考えて別医院を受診するというケースもあるでしょう。複数の意見を比較・参考にして、ご自身に最適だと思われる医院を選択することが後悔の無い治療を受けることにもつながるため、ぜひ遠慮せずにセカンドオピニオンを受けていただきたいと思います。

インプラントのセカンドオピニオン

インプラントと一口に言っても、歯科医院によって使用するメーカーや方法が異なることもあります。また、歯科医師の技術の違いによっては、施術できる・できないという部分が違う場合もあります。複数の歯科医院を受診してから決めることは決して悪いことではありません。インプラント治療は高額で外科手術も伴う治療ですから、それくらい慎重に決めていただくほうが良いでしょう。

インプラント施術後でもセカンドオピニオンできる?

インプラントの施術や治療自体はすでに完了しているが、不具合や歯科医院との相性が合わないなどの理由から、他院を受診するというケースもあります。また、引っ越し等で施術した医院に罹れなくなったということもあるでしょう。もちろん他院で施術を行った症例を受け入れる体勢のある歯科医院もたくさんありますので、リサーチしてみてください。

セカンドオピニオンを受けることのメリット


では実際に、セカンドオピニオンを受けてから歯科医院を決定することのメリットとは具体的にどのようなことがあるのでしょうか。

治療に対する理解が深まります

セカンドオピニオンを受けることは、必ずしも他医院のメリットを探すというものだけではなく、他の歯科医師の見解や治療方針を聞くことで、より治療に対する理解も深まることもありますし、最初に受診した歯科医院の信頼性がアップしたというケースもあります。セカンドオピニオンを受けることは転院するためのものだけではなく、患者さま自身の不安や疑問を解消することにもつながるのです。

信頼できる歯科医院かどうかが解ります

現代はスマホの普及もあり、歯科医院のホームページや口コミサイトなどが充実し、誰でも気軽に検索して歯科医院を選択することができます。しかし実際に受診してみて初めて歯科医院の雰囲気や自身との相性の良さがわかります。

選択肢が広がります

セカンドオピニオンの一番のメリットは、さまざまな治療方法や方針を知り自身がどのような治療を受けるのか選択できるということです。例えば1医院目では「顎の骨が薄くインプラントは難しい」と言われたのに、2医院目で「施術可能」と言われることもあります。歯科医師の持つ知識や技術、使用するインプラントによって治療方針が違うことはよくあります。これは1医院しか受診していない場合には解らないことです。

インプラント施術後に受けるセカンドオピニオンについて


すでにインプラント施術している場合には予後の状態確認や、術後のメンテナンスを受けることになります。歯科医師によって治療方針が異なりますので、これまでの経緯などをしっかり伝えた上でご自身の納得のいく歯科医院を選択してください。

セカンドオピニオンを歓迎している歯科医院を選びましょう

「他院でおこなったインプラントのセカンドオピニオンを受けたいと伝えると嫌な顔をされた」このような歯科医院への転院はNGです。治療の前後・術式問わず、困っている内容に対応することを受け入れてくれる歯科医院は、知識・技術共に自信を持っておこなわれている歯科医院であり、信頼できる目安にもなります。患者さまとの信頼関係を築くためにもセカンドオピニオンを受けてもらった上で「ここで受けたい」と思ってもらえた方が良いと考える歯科医院は、セカンドオピニオンを推奨してくれるでしょう。

診療情報診断書を取得しましょう

インプラントはメーカーが違うと施術方法や使用器具が異なり、転院したい歯科医院が対応できない場合も考えられます。施術を受けた歯科医院で確認が可能でであれば、インプラントのメーカーや種類、インプラントの大きさなどの項目を記載した「診療情報提供書」を書いてもらえるか確認しましょう。歯科医院が出すことを渋る(セカンドオピニオンを推奨しない)場合には無理にとは言いませんが、施術後に転院を考えている場合は転院先での治療をスムーズにおこなうためにも必要最低限の欲しい情報でもあります。

インプラント専門医のいる歯科医院へ相談しましょう

もしも診療情報診断書が無い場合や、インプラントのメーカーを開示してもらえなかった場合は、インプラント専門医に相談してみましょう。専門医の称号は、高度な知識と技術を持ち一定の条件をクリアした歯科医師に与えられるもの。一概に必ずとは言えませんが、複数のインプラントメーカーを取り扱っていたり、設備の充実、医師の豊富な経験や高度な技術など、対応できる可能性や治療法の幅は広がるでしょう。

保険制度を確認しておきましょう

施術を受けた歯科医院でインプラント治療に保証制度があったかどうか。もしも加入していた場合、インプラント本体の保証なのか治療に関する保証なのかなどの詳細も含めて確認しておきましょう。保証内容によっては、転院先でもインプラントに問題が起こった場合の再修復や再手術費用、インプラント本体の費用などを負担してもらえることもあります。

まとめ


セカンドオピニオンは患者さま側からすれば受けにくい行為と感じるかもしれません。しかし逆に言えば、セカンドオピニオンすることを快く受け入れている歯科医院はそれだけ技術に自信があり、設備も整っている歯科医院であるといえるでしょう。インプラントは生涯健康でいられるために選んだ治療法だと思います。ご自身の事を第一に考え、最善の方法で治療を受けるためにもぜひセカンドオピニオンを活用してください。