インプラント治療後に口臭が!においの原因と対策とは

インプラントで口臭が出てしまう原因とは?


インプラント治療をした後に口臭が気になるケースがあります。口臭が気になってしまうと話すことがストレスになることもあるので対策が必要です。せっかくインプラント治療をしてしっかりとかむことができる様になったら快適に過ごしたいですよね。そこで今回はインプラント治療後の口臭の原因と対策について詳しくご紹介します。

インプラント治療後の口臭の原因

インプラント周囲炎


インプラントは虫歯にはなりませんが、汚れが着いたままになっていると『インプラント周囲炎』になります。インプラント周囲炎は歯周病によく似ていて、症状は歯ぐきが腫れる、出血する、膿が出るなどの症状が現れます。汚れが着いたままになっていることで細菌が増殖して炎症をひきおこすのですが、出血や膿は口臭の原因になります。
また、インプラント周囲炎は歯周病に似ていますが、インプラントは天然歯と比べて歯根膜というクッションに役割をする膜がないのでダメージをダイレクトに受けてしまいます。そのため、自覚症状が少ない上に進行が早く、気づいた時にはかなり症状が進行してしまったというケースも少なくありません。インプラントで口臭をするリスクだけでなく、グラグラしたり、ひどくなると抜け落ちたりするリスクになるので、毎日のケアをしっかり行ってインプラント周囲炎を予防しましょう。

〈対策〉
インプラント周囲炎は初期の段階であれば、歯科医院でのクリーニングや毎日のケアの歯磨きをしっかりと行うことで炎症が改善されます。症状が進行してしまうとインプラントを支える骨が減少して抜け落ちて再治療になってしまうケースもあるので、定期的にクリーニングや検診をしてお口の中の環境を整えましょう。
特に歯周病が原因で歯を失ってしまった方はお口の中の環境を改善できていないとインプラント周囲炎のリスクが高くなるので注意が必要です。

落としきれなかった磨き残し


インプラントでも歯ぐきの境目は磨きにくく、その歯周ポケットが深いほど汚れが入り込みやすく磨き残しが出やすい状態になります。
インプラントは更に被せ物との間に段差もできやすく、その部分に汚れが残りやすいので特に丁寧に磨く必要があります。歯の表面や歯ぐきの境目に汚れが残ってしまうとその歯垢から細菌がどんどん増殖して口臭の原因になります。歯垢は口をゆすぐ程度では落としきれません。歯ブラシを歯ぐきの境目に細かく当てて汚れを落としましょう。
また、歯石が長い時間お口の中にとどまっていると硬くなった歯石になり歯磨きでは落としきれないので、歯石は歯科医院で除去してもらいましょう。

〈対策〉
磨き残しは正しい歯磨きができていないことが原因です。歯科医院でブラッシングの仕方を確認してホームケアに取り入れましょう。ポイントとしては、インプラントはインプラントと被せ物の間に段差ができやすく、歯と歯ぐきの境目を細かく歯ブラシを動かすことが大切です。歯ブラシだけでは十分でないこともあるので、デンタルフロスやタフトブラシを使用して
磨き残しを落としましょう。

かみ合わせが変わってしまった


インプラント治療はかみ合わせが強く当たるとインプラントに負担になるので、かみ合わせをしっかり調整します。ただ、インプラント治療をしていなくてもお口の中のかみ合わせは少しずつ変化します。そうすると被せ物との間に隙間ができてしまう場合や、被せ物が破損してその部分に汚れが入り込んでしまうなどして口臭の原因になります。

〈対策〉
かみ合わせの変化は自分では確認することが難しいので定期メインテナンスで確認しましょう。定期メインテナンスでかみ合わせを調整することで不具合が起きる前に対処することがで
きます。

インプラント接合部分のねじの緩み


インプラントは人工歯と歯ぐきの中に埋め込むインプラント体、そしてその部分を接合するねじのアバットメントと呼ばれる部分に分かれます。接合している部分が緩んでしまうことによって隙間ができてしまい口臭の原因になることがあります。

〈対策〉
接合部分のねじはご自身では調整することができないので、歯科医院でねじの緩みを締めなおすことや、外してつけなおすことで改善します。こちらも定期メインテナンスの時に毎回かみ合わせを確認するので定期メインナンスで予防することができます。

口臭の確認の仕方

デンタルフロスのにおいを確認する

歯と歯の間に残ってしまった汚れは歯ブラシでは除去しにくい部分です。その残ってしまった汚れが口臭の原因になっていることがあるので、デンタルフロスを通してみましょう。デンタルフロスににおいがしたら口臭の原因になっている可能性があります。

唾液のにおいを確認する

唾液のにおいを自分で確認してみてにおいが気になる場合には口臭がしている可能性があります。

舌の色を確認する

健康な状態では舌の色はピンク色をしていますが、舌が白く苔のようなものが多くついているとその部分に細菌が着きやすく口臭の原因になります。少量であれば問題ないですが、多くついているばあいには注意が必要です。

お口に問題がない生理的口臭


お口の中に問題がなくても、緊張した時や朝起きた時に一時的にする生理的口臭があります。これは、一時的に唾液が減少して細菌が増殖して口臭がするので、水分を摂取することや、歯磨きをすると口臭が落ち着きます。生理的口臭の場合には水分を多めに摂取すると改善されやすいです。インプラントの口臭を防ぐにはいくつか方法がありますが、早めに対処することで改善されることが多いでしょう。
汚れが原因の場合にはケア不足のことが多いのですが、インプラントをしてから時間が経過してねじが緩んでしまうことや、かみ合わせが変化して汚れが着きやすくなってしまうこともあります。これらは決められた期間に定期メインテナンスを受けることで早めに対処できます。インプラント治療後に快適に使い続けるためにもしっかりと自宅でのケアと歯科医院での定期メインテナンスで口臭を予防しましょう。