インプラントは喪失した歯の修復物の中でも一番、見た目も自然で噛む機能も天然歯に近い状態に回復できる装置と言われています。とはいえメンテナンスを怠ると「インプラント周囲炎」を起こしたり、小さな不具合に気づかないまま使用して取り返しのつかない不具合になってしまう可能性もあります。そこで、インプラントのあるお口のメンテナンスのひとつ『オーラルケア』をおこなうに際し、注意すべき点をご紹介したいと思います。

なぜインプラントのメンテナンスが必要なのでしょうか

インプラントは顎の骨に歯根の代わりとなるインプラント体を土台として埋入しているため、ブリッジや入れ歯のように周囲の歯に頼る必要がありません。丈夫で長持ちする装置でもありますが、「人工物で虫歯にならないから」とケアを怠るとさまざまな不具合を起こすこともあります。
インプラントは保険適応外の装置ですから治療費も高額です。ですから少しでも長く寿命を保つためにも、日々のオーラルケアは重要。他の健康な歯と同様に定期的な歯科医院のメンテナンスも受けながらインプラントを正しくケアしていくことが必要なのです。

オーラルケアの重要性

インプラント自体は人工物ですから、虫歯になることはありません。しかし口腔内の清掃を怠り衛生環境が悪いと、周囲の歯茎は溜まった歯垢を宿巣とした細菌の出す毒素の影響で細菌感染を起こします。そして歯周病と同じように炎症を起こした状態「インプラント周囲炎」を起こしてしまいます。
症状が悪化するとインプラントを支えている顎の骨が吸収され、歯肉が退縮したりインプラント体が露出してしまいます。そして支えきれなくなったインプラントは最終的に脱落してしまうのです。インプラントの寿命を保つためには「インプラント周囲炎」にならないようにオーラルケアをしっかりおこなうことが一番の方法だといえます。

正しい「ホームケア」で注意すべきポイント

インプラント治療後は定期的に歯科医院でおこなわれるメンテナンスも受けることになります。しかし数カ月に1度のケアですので、一番重要なのは毎日自身でおこなう「ホームケア」です。

正しい歯磨きができていますか?

インプラント周囲炎は歯周病よりも進行のスピードが速いとされており、インプラント周辺の歯茎に歯垢が蓄積されたままの状態が続かないように正しい歯磨きをすることが必要になります。歯ブラシは歯科医院から専用のものを指定されることもあります。用法を守って歯ブラシの毛先を活かした歯磨き方法が必要です。歯ブラシの毛先をインプラントと歯茎の境目を狙って当て、歯ブラシの毛先は大きく動かさずに微振動を与えるように小刻みに動かしましょう。

歯磨き剤はプレーンな練り歯磨きか液体タイプがおすすめ

インプラントは人工物ですから、表面に傷が入るとそこを宿巣として歯垢が付きやすくなってしまいます。歯磨き剤に研磨剤の多いものは顆粒で人工歯面に傷をつけてしまったり、インプラント体と歯茎のすき間に顆粒が挟まって炎症を起こす原因になることもあるため注意が必要です。そこで、歯磨き剤は研磨剤が入っていないものか液体タイプのものが安心です。

清掃補助具の活用でさらに歯垢除去効果をアップ

他の修復物とは違い単体で修復できるインプラントは、歯と歯の間がデンタルフロスや歯間ブラシも通せます。歯科医院で使用方法を聞いて必要な清掃補助具を併用されると清掃効果がさらにアップし、インプラント周囲炎の予防効果も高くなります。

歯科医院のメンテナンスでインプラント周囲炎を予防

ホームケアだけではインプラント周囲炎を100%予防することはできません。自身では見落としてしまう歯茎の初期段階の炎症やインプラントの不具合を歯科医院で定期的にチェックしてもらい、早期発見・早期治療することがインプラントを長持ちさせるための重要なオーラルケアのひとつです。

歯科医師による不具合チェック

インプラントは親和性の高いチタン素材で、顎の骨としっかり結合することで天然歯とほぼ変わらず硬いものも食べることができます。しかし、噛み癖や歯ぎしり・食いしばりといった過度な力が加わると、インプラントが欠けたりぐらついたりする要因となることがあります。定期的にプロのチェックを受けることで、自身では気づかないレベルの不具合でも早期発見につながります。

定期的な歯面や歯茎周辺のクリーニング

インプラント周囲炎は歯周病と同じように歯垢や歯石の蓄積によって起こります。どんなにしっかり自身でオーラルケアをおこなっている方でも、汚れ全体の6割~8割程度しか落とせないと言われています。定期的に検診の際に、歯垢や歯石を歯科用の機器を用いて隅々までクリーニングすることが、インプラント周囲炎予防につながります。

歯科衛生士によるTBI(ブラッシング指導)

インプラントは天然歯に近い状態に機能回復ができますが、構造上天然歯よりも歯と歯茎のすき間が開きやすくなっています。そこに汚れが溜まりやすく炎症を起こしやすいため、天然歯の部分以上にしっかり歯みがきをする必要があります。とはいえ磨き過ぎは歯肉退縮を起こす要因にもなります。
歯科医院では歯科衛生士によるTBI(ブラッシング指導)がおこなわれており、ついつい自己流になりがちな歯磨きをチェックしてもらうことができます。正しいブラッシング法を継続することでインプラント周囲炎を予防します。

まとめ

オーラルケアは自分自身で継続しているとついつい自己流になってしまいます。磨き癖などから同じ場所が磨き残しがちになり、そこから歯周病やインプラント周囲炎を招くリスクがあるのです。特にインプラント部は他の部分よりも炎症を起こしやすくなるため、より丁寧なオーラルケアが必要になります。治療が完了しても「終わり」ではなく、せっかく入れたインプラントが少しでも長い期間の寿命が保てるように、歯科医院の定期検診のシステムを活用しながら有効的なオーラルケアを継続していただきたいと思います。