タバコはお口の中だけでなく、体全体にさまざまなトラブルを引き起こす原因になっています。また、インプラント治療ではあごの骨の定着を妨げる場合や、最悪の場合にはインプラントが脱落してしまうケースもあります。たばこはいろいろな悪影響を与えますが、どの様なリスクがあるのでしょうか?
そこで今回は、インプラントと喫煙の関係について詳しくご紹介します。

タバコのインプラントへのリスク

ニコチンの影響で感染症にかかりやすくなる

白血球は免疫機能に大きな役割を果たしていますが、ニコチンは治癒能力を弱めてしまうため、たばこを日常的に吸っているとさまざまなリスクが出てきます。そのため、手術後に歯ぐきが腫れる、化膿するなどの感染リスクが高くなります。インプラント手術はできるだけ無菌状態で手術を行いますが、治療後も感染しない様にすることが大切です。特にインプラント手術、手術後の定着の時期はたばこを避けた方が良いと言えるでしょう。

インプラントと骨が結合するのを妨げる

たばこに含まれているニコチンには血管を収縮させる働きがあります。また、喫煙すると一酸化炭素の影響で血流が悪くなってしまいます。日常的にたばこを吸っていると、ニコチンと一酸化炭素の影響で酸素が十分に行き渡らなくなり、栄養が届きにくくなることがあります。その結果、あごの骨や歯ぐきの組織の傷の治りが弱まってしまい、せっかく入れたインプラントが結合しにくくなるケースがあります。

唾液の分泌が減少する

たばこのニコチンは血流を悪くして免疫機能を低下させるだけでなく、唾液の分泌も減少させます。唾液にはお口の中の感染を防いで、キレイにする自浄作用という働きがありますが、唾液の分泌が減ることでお口の中の細菌が増殖してしまい、インプラント周囲炎になるリスクが高くなってしまいます。インプラント周囲炎になってしまうとインプラントを支えているあごの骨が減少してしまい、悪化するとぐらぐらしてインプラントが抜け落ちてしまう原因にもなってしまいます。また、天然歯に比べてインプラントはクッションの役割になる膜がないのでインプラント周囲炎がどんどん進行してしまいます。
良い状態でインプラントを維持するために大敵なインプラント周囲炎のリスクを減らすためにも唾液を減少させる喫煙は避けた方が良いでしょう。

たばこの悪影響

口臭の原因

たばこの影響で唾液が減少することはお話しましたが、唾液が少なくなると細菌が増殖して口臭の原因になります。舌の表面には小さな突起があるのですが、その突起の部分に細菌が着きやすく、この細菌にヤニが付着してニオイの原因になってしまうのです。また、ニオイの原因だけでなく、舌の味覚も鈍らせてしまうので食事する際に味覚が感じにくくなることがあります。そのため、禁煙すると食事をおいしく感じるようになります。

着色汚れ

たばこを習慣的に吸っていると、たばこの影響で着色汚れがべっとりと着いている方が多くみられます。そして、その着色汚れはベタベタとしており、汚れが着きやすく、着色と歯石ががっちりと付着してしまうことが多いです。着いてしまった着色汚れや歯石は歯磨きだけでは落とすことが難しく、歯科医院でのクリーニングで除去する必要があります。

歯ぐきの黒ずみ

長い期間タバコを吸っていると、メラニンが沈着して歯ぐきが黒ずんでしまいます。また、ニコチンによって血流が悪くなってしまうことも原因として考えられます。メラニンは紫外線から肌を守るために、肌が黒くなる時に生成されます。
これと同じ原理でニコチンやタールといった有害物質から守ろうとする働きでメラニンが作られて歯ぐきが黒ずんでしまうのです。この黒ずみを落とすには禁煙してニコチンやタールがない環境にすること必要です。日焼けが落ち着くように歯ぐきの黒ずみも徐々に落ち着いていきます。

インプラント治療は禁煙をこころがけましょう


タバコの影響はお口の中だけでなく、全身のさまざまな病気のリスクにもなります。
お口の中ではタバコの有害物質で歯周組織を破壊していきます。また、たばこは生活習慣病と呼ばれる『脳梗塞』『糖尿病』『呼吸器疾患』にも影響を及ぼします。

脳梗塞

脳梗塞は、たばこによって血管が傷つけられて酸素が運ばれにくくなることがあり、血管がボロボロになる場合や血管がドロドロになる原因になります。

糖尿病

糖尿病は、たばこによって血糖を上昇させるだけでなく、体内のインスリンの働きを妨げる働きがあります。たばこを吸うと糖尿病のリスクも高くなりますし、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高くなります。

呼吸器疾患

呼吸器疾患は肺炎を含むいろいろな呼吸器疾患に影響を与えて喘息のコントロールを悪化させます。歯周病になった患者さんで喫煙を続けた患者さんと禁煙した患者さんでは数年後歯を失うリスクが大きく変わることが分かっています。禁煙をすることで歯を失うリスクを4割ほど減少できるのです。

たばこがお口に与える影響

歯周病になりやすくなる

歯周病は歯と歯ぐきの境目に汚れがついてそのままになってしまうと歯周病菌が増殖して歯ぐきに炎症を起こしてしまい進行する病気です。タバコと歯周病は大きく関係しています。タバコを吸うとニコチンで酸素が十分に行き渡らない様になってしまい、栄養が十分ではなくなってしまいます。

また、ニコチンは免疫力も低下させてしまうので、細菌が増殖しやすい環境になります。そして、歯周病になってしまう場合や、進行を早めてしまう原因になってしまうのです。歯周病で歯ぐきの歯周ポケットが深くなってしまうと、汚れも入り込みやすく、毎日のケアでは取り除きにくくなってしまいます。

インプラントをする前に歯周病で歯を失ってしまった方は毎日のケアが十分ではない場合が多く、改善することが大切です。また、インプラントにしてからもインプラント周囲炎になる可能性が高いので自宅でのケアをしっかり行いましょう。

まとめ

タバコはインプラントにも悪影響を及ぼしますし、お口の中の環境を悪化させる原因です。特にインプラント手術後は傷の治りが悪くなるので禁煙することが望ましいでしょう。お口の中の環境と体の健康のためにも喫煙について考えてみてください。