インプラントがぐらつく原因

インプラント治療をしたことで天然の歯のような審美性や噛み心地を手に入れても、インプラントがぐらついてしまい不安になる場合もあります。差し歯やブリッジだけではなく、しっかりと埋め入れたはずのインプラントもぐらついてしまうケースもあるのです。審美的に気になる前歯や、咀嚼を助けてくれる奥歯のインプラントなら、特に不安になってしまうと思います。
インプラント治療をした後の、インプラントの動きやぐらつきのトラブルへの対処法を紹介していきます。

インプラント周囲炎

インプラントそのものにぐらつきが生じている場合は、インプラント周囲炎の疑いがあります。歯や骨が病にかかっているような状態で、症状があっても放って置いてしまうとインプラントが抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。インプラント周囲炎とは、磨き残し等によって歯垢がたまり、たまった歯垢に歯周病菌がついて増殖していき、歯茎や骨に炎症を起こして次第に骨を溶かしてしまう病気のことです。日々の歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの補助清掃用具を使用してきちんとお手入れをしたり、歯科医院での定期検診・メンテナンスを受ければ防ぐことができます。

【主な原因】

歯ぎしりや食いしばりがある

私たちは食事をすることで毎日咀嚼しています。インプラントに対して、すりつぶしたり斜めからなど、垂直にかかる力以外にも様々な方向から負担がかかってきます。生えている歯にはクッションの役割を果たす歯根膜というものがありますが、インプラントには歯根膜がないので、直接的に負担がかかり歯茎に影響してしまいます。そのため歯ぎしりや食いしばりなどは特にインプラントに対して大きな負荷がかかる為、ぐらつく直接的な原因になります。診察してもらう際には、そういった揺れによって顎の骨が吸収されていないかをレントゲンで確認してもらうのがよいでしょう。

補綴物のネジが緩む

インプラントは入れ歯やブリッジと違い、チタン製のインプラント体を直接歯茎に埋めいれているので、本来であればぐらつくことはありません。ぐらつきを感じる場合に多くみられる状態として、インプラント体と補綴物である被せ物をつないでいるネジが緩んでいることにより揺れているケースがあります。ネジの緩みがあると、噛み合わせの変化の原因になりうるので診察を受けましょう。インプラントの種類にもよりますが、ネジの締め直しや接着し直したりすることで、ぐらつきはおさまるでしょう。

補綴物のネジの劣化

インプラントは、インプラント体と被せ物をネジでつなぐ構造となってます。長年インプラントに力がかかっていると、ネジも経年劣化していきます。ネジを締め直したり、接着することでおさまる場合もありますが、ネジの破損や変形もないか確認する必要があります。

アバットメントのネジの破損

稀に見るケースとして、ぐらつきがネジの破損による場合があります。そういった場合は被せ物に問題がなければ、ネジを交換することで対処できます。噛み合わせが悪い場合は、歯科医師と相談して被せ物を新しいものにすることもあります。

歯科医師の計画ミス

被せ物やネジの原因ではなくインプラントがぐらつくケースとして、インプラント体と骨の結合がうまくいってない場合があります。インプラントと骨組織の結合によって自分の歯のような噛み心地が得られるのですが、結合がしっかりしていないと次第にぐらついてきます。インプラントを埋め込む位置や角度の計画ミスにより、固定する骨が足りなかったり、インプラント体が突き抜けたりすることで起こります。

歯科医師の手術ミス

インプラントと骨組織の結合の手術がうまくいかなかったケースとして、インプラントを埋め入れるために顎の骨にドリルで穴を開ける手術をしますが、ドリルの摩擦により熱が生じ、骨の組織を傷つけてしまう事で、骨との結合がうまくいかないことが原因の場合もあります。

【その他の原因】

インプラント手術後に、舌で押してしまったり強い力で歯を磨いてしまったりすることが原因の場合もあります。インプラントと骨がしっかりと結合する初期固定期間にインプラントを揺らしてしまうと、結合がうまくいかないことがあり、後々の動揺につながります。
また、タバコを吸う習慣があったり、貧血などの症状がある方は、骨結合する際の酸素が不足してしまうことがあります。これと同じ理由で、骨粗しょう症や糖尿病の方も骨の代謝が活発ではない場合あり、結合しにくいことがあります。

ぐらつきの対処方法として

インプラントは手術することがゴールではなく、その後のメンテナンスがとても大切な治療方法です。インプラントを入れた事で満足し、日々のメンテナンスや定期検診をしないとトラブルを引き起こしてしまう原因にもなります。グラグラさせない事が一番良いですが、もしインプラントのぐらつきを感じた際には一瞬ドキッとしますが、まずは何が揺れているのかを冷静に確認しましょう。周辺歯肉の炎症の有無や範囲はどうか、歯肉に指をあてて横に揺らしてどこが緩んでいるのかをチェックしましょう。具体的にどのように対処していけば良いのでしょうか。

歯の負担を減らす

インプラントや被せ物に強く負担がかかるとインプラントが揺れ、骨が徐々に吸収されていきます。歯ぎしりや食いしばりのほとんどは無意識に行っているので、マウスガードなどを製作して負担を減らすようにしましょう。
また、定期検診でインプラントへの負担やぐらつきがないかチェックしましょう。

口腔内を常に清潔にする

インプラント周囲炎はインプラントの揺れの原因になります。歯周病と同様に、歯垢や歯石が溜まることで細菌が繁殖して炎症する事でインプラント周囲炎を引き起こしてしまいます。これを防ぐためには毎日の歯磨きに加え補助清掃具などを使用して、常に口腔内を清潔にしましょう

歯科医院での診察を必ず受ける

ぐらついているインプラントがあると、舌で押してしまいがちですが触ると症状がひどくなる場合があるのでやめましょう。
インプラントがぐらついてきてしまうと、ぐらつきを自分で直すことも、自然にぐらつきがおさまることもないので、早急に歯科医院を受診しましょう。放置すると噛み合わせのズレや、痛みや腫れが生じたり、インプラントの脱落につながることがあります。

歯科医院を受診する際、ぐらつき始めた時期や原因があったかどうか問診されるので、その準備をしておきましょう。また、ぐらつかせないための生活習慣やインプラントのお手入れで大切なことを質問するのもよいでしょう。