修復物の中でも強靭だといわれるインプラントでも、人工物にはそれなりの寿命があります。特にインプラントは顎の骨に土台埋入する手術が必要になる程の施術が必要になるため、どのくらいの寿命なのかと気になる方も多いのではないでしょうか?
インプラントの寿命を長く保つためには、定期的メンテナンスとその頻度が重要なポイントになります。

インプラントにメンテナンスが必要な理由とは?

インプラントは欠損歯の修復方法の中で最も優れているとされています。入れ歯やブリッジのように他の健康な歯に負担をかけることもなく、埋入した土台と顎の骨や周辺組織が結合していることで、噛む機能や審美的回復が天然歯により近いのです。
しかし人工物といえど、周辺組織としっかり結合していなければ噛む力に耐え得ることができなくなってしまいます。本来歯を失ってしまった要因が歯周病であればなおのこと。治療後のメンテナンスはとても重要になるでしょう。
また、インプラント治療は保険適応外の治療のため、費用は高額になってしまいます。埋入後のインプラントと長く付き合っていくためには、適切なメンテナンスを行うことが必要になります。

インプラントの寿命を延ばすために

インプラントの寿命は10~12年程度といわれており、10年残存率の調査では90%以上の残存率だという報告もあるほど、とても頑丈な装置です。中には亡くなるまで40年もの間、生涯インプラントを使用していたという方もいる程です。
しかし中には、わずか数年でインプラントが脱落したり破損したりする方もいらっしゃいます。そこでインプラントの寿命を伸ばすために重要な定期的メンテナンスの意義をご紹介します。

歯科医院で定期的なメンテナンスとはどんなことをするの?

歯磨き指導を受ける

メンテナンスを怠りお口の中が不衛生になると、インプラント主変に歯垢が蓄積します。インプラントは人工物ですから虫歯にはなりませんが、周辺組織が細菌に感染して「インプラント周囲炎」を引き起こしてしまうことがあります。インプラント周囲炎になってしまうと、天然歯同様、歯を支えることができなくなり、インプラントの脱落の原因になってしまいます。
インプラントは入れ歯やブリッジに比べれば天然歯の形態に近い作りですが、それでも天然歯に比べると、歯と歯茎の間にどうしても隙間ができやすくなります。汚れが蓄積する要因になってしまうため、天然歯以上に細やかなブラッシングが必要なのです。歯磨きは個々に磨きグセが出やすいため、定期的に歯科衛生士による歯磨き指導を受けることでセルフケア力のチェックや技術向上を行うことでインプラントの寿命を保つ事ができます。

トラブル予防や早期発見・早期治療

インプラントは埋入後数カ月かけて徐々に顎の骨や周辺組織と結合します。安定する間も定期的にメンテナンスは行われ、状態を確認して最終的に人工歯を被せて治療を完了します。しかし、治療期間中に堅い食べ物を噛むことや、タバコやお酒など結合を阻害してしまう要因となることを行ってしまうと、インプラントがしっかり結合できずにグラつきや脱落してしまいます。このようなトラブルを回避し、もし起こってしまっても早期に対処するためにも、定期的なメンテナンスは必要です。
また、治療完了後も「入れたら終わり」ではなく、定期的にお口をチェックすることで埋入したインプラントに不具合や異常がないかどうか確認しています。患者様ご自身で気づきにくい初期症状や小さな噛み合わせのズレなども歯科医師が確認し、早期発見・早期治療することが寿命を保つための秘訣です。

では具体的に、どれくらいの頻度でメンテナンスは行われるのでしょうか?

インプラントのメンテナンス頻度はどれくらい?

せっかくインプラントを入れたものの、定期メンテナンスに通えないのでは、インプラントの寿命をも自覚してしまうことになるかもしれません。インプラント治療をご検討中の方は是非参考にしていただきたいと思います。

3か月~半年に1回

インプラントの定期メンテナンスは個々のお口の状態によって違いますが、大抵3か月~半年に1回のスパンで行われていることが多いようです。
お口のケアが苦手な方はどうしてもインプラント周囲炎のリスクが高くなってしまいますし、また歯ぎしりや食いしばりのクセがある方も、過度な力をかけてしまうことになります。このように、お口の状態に合わせて歯科医師より提案される頻度で来院していただき、メンテナンスを受けることになるでしょう。特に治療等の必要が無ければ、1回のメンテナンスは1日で終了します。

治療前にメンテナンスが継続できるか考慮しましょう

インプラントの定期メンテナンスといっても、通常の虫歯予防の定期検診の頻度とさほど変わりは無いため、口腔ケアとして歯科の定期検診を受ける感覚であれば大きな負担に感じる程ではありません。ただし、インプラント治療は高度な技術を要するため、どこの歯科医院でも対応できる訳では無く、通常は施術を受けた歯科医院でのメンテナンスとなります。ですから、治療を受ける前から、その歯科医院に定期的受診が可能であるか考慮しておく必要があります。年齢や歯科医院までの距離、来院方法など、さまざまな生活環境も加味したうえで歯科医院を選択していただきたいと思います。

まとめ

インプラント治療は、治療が完了するまでも大切ですが、むしろその後のメンテナンスを定期的に継続できるかどうかが寿命に大きく影響します。入れた後に「メンテナンスができずにインプラントをダメにしてしまった」というような後悔が起こらないようにするためにも、定期的なメンテナンスの頻度を治療前から知っておくことは大切です。詳細な頻度はお口の状態や歯科医院によって異なりますので、受診する歯科医院にご相談ください。