天然歯の中に人工歯であるインプラントがある場合、歯磨き方法はこれまでと同じ方法で
いいのでしょうか?実はインプラントの寿命はセルフケアが左右するといっても過言では
なく、毎日の歯磨きによるケアはとても重要です。そこで今回は、磨き方の注意点やケア
グッズなど、インプラントの寿命を永く保つためのコツをご紹介します。

インプラント治療後に歯磨きを怠るとどうなる?

インプラント治療が終わったあと、日常の中で歯磨きケアを怠ってしまうと、インプラン
ト周辺の歯茎に歯垢が蓄積してしまいます。歯垢は細菌の宿巣であり、細菌が出す毒素に
よって歯茎が炎症を起こします。インプラントは人工物ですが、天然歯が歯周病を起こす
のと同じ症状を起こしてしまうのです。これを「インプラント周囲炎」といいます。

インプラント周囲炎を起こすと…

歯茎が炎症を起こし腫れて歯周ポケットが深くなると、インプラント体が細菌感染を起こ
します。悪化すると支えている顎の骨の組織を破壊して吸収し、骨が痩せてしまいます。
支えられなくなったインプラントはグラグラ揺れたり、噛んだ拍子に破損してしまったり
、最悪の場合には脱落してしまうこともあります。天然歯とインプラントでは支える歯茎
の組織構造が違うため、天然歯よりも炎症が急速に悪化しやすいわれているため、炎症を
起こさないためにも毎日の歯磨きケアで歯垢を蓄積しないようにすることが大切なのです。

インプラントがあるお口の正しい歯磨き方法

インプラントは喪失した歯の修復物の中では、ブリッジやインプラントに比べて歯と歯茎
の境目の継ぎ目も目立たず、比較的天然歯と変わらない歯磨き方法でおこなえます。
とはいえ一旦炎症を起こしてしまうと、天然歯よりも炎症が重症化しやすい傾向があるこ
とを考えると、入念に歯磨きして歯垢が残らないようにしたいものです。

正しい歯ブラシの持ち方と動かし方

まず歯ブラシの持ち方は、親指・人差し指・中指の3指で持つ「ペングリップ(えんぴつ
持ち)」でおこないましょう。てのひらで握り込む持ち方ではどうしても力が入り過ぎて
しまうため、ゴシゴシと大きく動かしてしまいがち。これでは歯茎を傷つけたり、刺激が
強すぎて歯茎を退縮させてしまう恐れがあります。歯茎の退縮は元に戻すことが難しく、
特にインプラント部は土台がむき出しになってしまうため金属ネジが露出してしまいます。
ペングリップで持ったら毛先を歯面に当て、毛先は横に小刻みで微振動させる程度で構い
ません。

磨く順番を決めておきましょう

歯磨きはついつい自己流の磨き癖ができてしまいます。右利きの方は右側を磨き忘れがち
になるといったように、慣れると同じ場所がいつも磨けてないことがあるのです。そこで
磨き忘れがないようにするため、「磨く順番」を決めておくことがポイント。スタートを
決めて、例えば左下から右下。次は右上へ歯ブラシを反転させて右上から左上へといった
ように、歯並びに沿って円を描くように進めていくとよいでしょう。

清掃補助具を活用しましょう

歯磨きに欠かせない「清掃補助具」は歯磨き剤だけではありません。デンタルフロスや歯
間ブラシ、ワンタフトブラシといった歯のすき間を磨く道具や、口腔内を除菌したり歯質
を強くするフッ素も効果があります。

歯磨き剤はどんなものがよい?

歯磨きの際、歯磨き剤を付ける方がほとんどだと思いますが、使う歯磨き剤の種類や量に
注意が必要です。まず種類ですが、最近では清掃効果がある粒子入りのものが多く市販さ
れています。この研磨効果のある粒子が歯茎とインプラントのすき間に侵入してしまうこ
ともあり、歯茎の炎症の要因になる可能性もあります。また、研磨剤が人工歯を傷つける
こともありますので、歯みがき剤はプレーンタイプの練り歯磨きか液体タイプの歯磨き剤
にしましょう。

デンタルフロス・歯間ブラシ

インプラントは喪失歯の修復方法の中で唯一、歯根部分から再現した装置です。ブリッジ
や入れ歯は健康な歯と連結していたり金具で固定する形状となっているため、デンタルフ
ロスや歯間ブラシでの清掃が難しい場合もありますが、インプラントは単体で修復してい
るため健康な歯とのすき間は同じようにデンタルフロスや歯間ブラシがお使いいただけま
す。むしろ歯垢を残すとインプラント周囲炎の原因にもなるため、しっかりとケアしてい
ただくことが望ましいでしょう。

洗口液・フッ素

平成27年に日本口腔衛生学会と日本航空インプラント学会から、「フッ化物配合歯磨剤の
利用はチタン製歯科材料使用者にも推奨すべき」ということを発表しています。洗口液や
フッ素の成分は虫歯予防に効果的です。インプラントは人工物ですから虫歯になることは
ありませんが、他の健康な歯を守ることがインプラントの寿命を長持ちさせることにも繋
がります。歯磨きと併せてぜひ活用していただくことをお勧めします。

定期検診で正しい歯磨き方法を習得!

インプラント治療後は、歯科医院の定期検診でインプラントの状態を継続して診てもらい
ます。インプラントは治療後のケア次第で寿命が長くも短くもなります。定期的にプロの
見解を得ることで、不具合の早期発見・早期治療だけでなく、インプラント周囲の歯茎の
状態チェックやクリーニングでインプラント周囲炎予防もおこないます。また、歯科衛生
士によるブラッシング指導もありますので、日常の慣れによる「磨き癖」の改善も得るこ
とができ、より良い歯磨き方法を伝授してもらうことができるのです。

まとめ

インプラント治療は「埋めたら終わり」ではありません。むしろ治療後のセルフケアであ
る「歯磨き」がいかに正しく効率良くできているかで、インプラントの寿命を左右するこ
ともあります。また経年と共に歯周病のリスクがUPしたり、歯茎が痩せたりとお口の中
も変化します。同じ歯磨き方法をしっかり続けていたはずなのにインプラント周囲炎にな
ってしまったという例もあります。歯科医院で定期的にお口の中のチェックと併せて歯磨
き方法もチェックしてもらうことが、インプラントの寿命を保つためにとても大切なので
す。