インプラントと言えば歯肉をメスで切開し、顎の骨である歯槽骨にドリルで穴を開ける手術が必要なために、「入院が必要になるのでは?」と心配する患者さまも少なくありません。「不安を抱えていては、治療に踏み出せない」そんな不安を払拭するために、今回はインプラント手術に入院が必要なのか、詳しくご紹介して参りましょう。

インプラントの構造を知ろう

まず、インプラントの構造をご説明しましょう。
インプラントは、人骨と結合する特性を持つ唯一の金属、チタンで出来ています。インプラント体を歯槽骨に直接埋め込み、上部構造である人工歯、更にはそれらを結合するアバットメントで形成されています。

インプラントの手術方法は?

インプラントは2通りの手術方法が存在します。

2回法


一般的には、1本のインプラントを埋入するために、2回に分けてインプラントを歯槽骨に埋め込んでいきます。2回法ではインプラントを完全に歯槽骨の中に埋め込み、インプラントと歯槽骨の結合を3ヶ月~6ヶ月ほど待ちます。結合後に再び手術で歯肉を切開し、インプラント体と人工歯を連結するためにアバットメントを設置し、その上から人工歯を設置します。

・2回法・・・2回のインプラント手術が必要になります。

1回法


1回の手術でインプラントを埋め込む治療が完了する治療法です。患者さまの負担は少なくすみますが、2回法に比べるとインプラントと骨が結合する過程で細菌感染する確率が高くなるリスクも伴います。インプラントの上部を一部露出するように埋入します。インプラントと歯槽骨を結合する期間は1.5ヶ月~3ヶ月となります。

・1回法・・・1回インプラント手術が必要になります。

インプラント手術に入院は必要?不要?

前述でご紹介したようにインプラントを歯槽骨に埋入するには、外科手術が必要になりますが、一般的なインプラント手術であれば、入院する必要はなく、麻酔を含め1本のインプラトを埋入する場合には1時間~2時間程の時間が必要となります。

また、インプラントを埋入する骨の量や高さが足りない場合には、骨造成が必要となりますが、以下の方法でも基本的には入院する必要ありません。しかし、歯槽骨の状態や治療法によっては入院が必要になるケースもあります。

GBR(骨再生誘導法)


骨幅が足りない場合に行なう骨造成です。親和性の高い人工骨の粉末を足りない部位に移植し、不足分の歯槽骨を補います。およそ6ヶ月~10ヶ月の期間を掛けて骨が再生されていきます。インプラント埋入前、またはインプラント埋入と同時に行う2種類の方法があります。

サイナスリフト


歯肉を切開し、更に上顎洞を露出させた上で穴を開け、直接底を持ち上げスペースを作り、そこに人工骨を充填します。およそ6ヶ月以上の期間を掛けて骨が再生されていきます。

ソケットリフト


上顎に適応する方法です。インプラントを埋入する穴から骨を移植し、上顎洞の底を厚くしていき、十分な厚さとなった所でインプラントを埋入します。およそ6ヶ月~10ヶ月の期間を掛けて骨が再生されていきます。サイナスリフトに比べると比較的身体の負担が少ない処置となります。

下歯槽神経移動術


下顎に適応される方法です。下顎の臼歯部の歯槽骨の量が足りない場合に、下顎の神経の位置を変え、インプラントを埋入します。

歯槽骨延長術(仮骨延長術)


歯槽骨を増大させるために行なう方法です。歯槽骨を骨折させ、ディストラクターと呼ばれる器具を使用し、ネジを回して少しずつ骨折させた骨片と歯槽骨に隙間をつくります。できた隙間に新生骨ができ、しっかりと形成されるまで3~4ヶ月の期間が必要です。

自分の骨を移植する骨造成(自家骨移植)


自身の骨の一部(腸骨や脛の骨)を歯槽骨に移植する骨造成法です。自身の骨であるために人工骨より親和性に優れています。しっかりと形成されるまで4ヶ月~6ヶ月ほどの期間が必要です。

インプラント手術を受ける前に注意する点は?

インプラントは基本入院を必要としない治療法でありますが、インプラント手術を行う前に注意する点がいくつかあるため、把握しておきましょう。以下が、インプラント手術を行う前に注意すべきことです。インプラント手術を受ける前には、把握しておきましょう。

食事


インプラント手術を行う前日、当日は飲酒を控えましょう。また、直前の食事も控えましょう。

服装


スーツやタイトな服装ではなく、なるべくリラックできる服装でインプラント手術を受けましょう。

睡眠


インプラント手術前日は睡眠を良く取り、体調を整えましょう。

歯磨き


インプラント手術前は十分に歯磨きや口腔ケアを行ない、お口の中を清潔に保ちましょう。

喫煙


インプラント手術前後の喫煙は望ましくなく、特に術後はタバコに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮する作用が含まれ傷の修復を妨げるため、禁煙をおすすめ致します。

メイク・マニキュア


インプラント手術を行なう際のバイタルチェック時に顔色や爪の色を確認するため、お化粧やマニキュアは控えましょう。

インプラント手術を行えない人

インプラント手術は誰でも受けられる訳ではなく、以下の疾患をお持ちの場合には、受けることが困難な場合があります。個人や疾患によって禁忌となる基準が異なるため、インプラント手術を行うことをお考えの際には、ご相談ください。

インプラント手術が困難な疾患


・16歳以下
・妊娠中
・心疾患
・高血圧
・重度の貧血
・動脈硬化
・血液疾患(白血病や血小板減少症)
・重度の糖尿病
・重度の骨粗しょう症
・腎疾患
・肝疾患
・癌
・コントロールできない免疫疾患
・アルコール依存症
・ヘビースモーカー

まとめ

以上、今回はインプラント手術に入院が必要か、手術の受ける前の注意事項などをご紹介して参りました。基本的にインプラント手術は、入院の必要はなく日帰りで受けられる治療です。しかし、場合によっては入院が必要になることもあることや、インプラント手術を受けることができない場合もあることを把握しておきましょう。インプラント手術をお考えの際には、お気軽にご相談ください。