審美性に優れているといわれるインプラント治療。前歯でおこなうのは難しいのでしょうか?前歯をインプラントで治療した際に起こり得る不具合や、治療を受けるにあたり事前に注意しておいた方がよいことなどをご紹介したいと思います。

前歯喪失の際、修復方法として有効なインプラント治療


虫歯や歯周病、事故による打撲等でやむを得ず歯を失ってしまった場合、人工歯を用いて修復することになります。その方法は入れ歯やブリッジも選択できますが、天然歯と同じ噛み心地の回復や見た目の審美性を考えるのであればインプラントがおすすめです。特に前歯を修復する場合は、入れ歯や連結装置のブリッジでは、人工的な作りが目立ってしまうため、若い世代であれば尚更使いたくないと感じることと思います。

奥歯よりも難しいとされる前歯のインプラント治療


しかし、インプラント治療も100%成功するとは限りません。特に前歯をインプラントにする場合、奥歯に比べて顎の骨も薄く治療が難しいこともあり、さまざまなリスクも考慮して歯科を選択する必要があるのです。

なぜ前歯のインプラント治療は難しいのか


そもそもインプラントは顎の骨に土台を埋入する手術を要するため、高度な知識や技術を兼ね備えた歯科医師が行います。そしてその中でも前歯のインプラント治療が難しいとされるには、いくつか理由があります。

インプラントを埋入する部分の骨が薄い


奥歯に比べ、前歯の生えている周辺は、そもそも薄く平べったい前歯が埋まっている部分ですから、それほど顎の骨に厚みがありません。そこに土台となるインプラント体を埋入しなくてはならず、歯科医師は神経や隣接する歯の歯槽骨(天然歯が入っている骨の部分)に接触しないよう、事前検査や診断の確実性や角度を誤らずに切削・埋入できる高度な技術を兼ね備えていなければなりません。
もしも歯周病で顎の骨がそもそも薄くなっている場合もありますので、骨再生治療や増骨治療が必要になることもあるのです。

歯ぐきが退縮しやすい


インプラントを埋入した後、まれに起こる「退縮」で、前歯の見栄えが悪くなってしまうことがあります。機能的には問題はないのですが、加齢などの要素によって歯肉が痩せてしまうことで、インプラント体(埋入している土台)と人工歯の境目が露出し装置が目立ってしまうことがあります。

審美的修復技術が必要な治療


インプラントに限らずですが、前歯は奥歯に比べて目立つ位置ですので、見た目の美しさ「審美性」が求められる修復です。歯の色、左右とのバランス、形などが周辺の歯と違和感なく並び、歯茎とのラインも自然な仕上がりであることが求められます。これには歯科医師の高度な知識と経験豊富な技術とセンスなど必要な部分です。

これは失敗!? 前歯インプラントの不具合例


現在もしも前歯のインプラントに不具合や違和感を感じていらっしゃるのであれば、「これは失敗なの?」と不安に感じていらっしゃる方もいるでしょう。
いくつか失敗例をご紹介しますので、もしも該当する場合は、早めにかかりつけ歯科にご相談ください。

インプラントの動揺・脱落


当初しっかりと固定されていたはずのインプラントがグラグラと揺れる。またそれを放置していたことでインプラント体ごと脱落してしまったという状況です。
何らかの要因で骨がインプラントを支えきれなくなった場合や、インプラント周囲炎を発症し細菌感染を起こしたことで支えていた骨が吸収を起こして薄くなってしまったといった理由が考えられます。

人工歯が黒ずんで見える


インプラントは骨に埋まっている「インプラント体」と、歯ぐきよりも上の「人工歯」、そしてそれらを連結する「アバットメント」で構成されています。前歯は歯の厚みが薄いこともあり、歯ぐきが後退してしまうと内部にある金属のアバットメントが透けて見えてしまいます。これが歯が黒ずんで見える原因ともなります。もしも歯肉退縮が気になる場合は、最初からジルコニアというセラミック素材のアバットメントを使用しておくことも可能です。

歯茎が退縮する


何らか過度の刺激が加わったりすることで、インプラント周辺の歯茎が退縮してしまうことがあります。治療後は天然歯と変わらない見た目のインプラントですが、歯茎が下がってしまうと上部の人工歯と埋入部のインプラント体の継ぎ目が露出するため歯が不自然に長く見えてしまうのです。
また、埋入時に角度や位置に失敗があると、全体のバランスに比べて位置にズレが生じてしまいます。一度歯肉退縮を起こすと回復が難しいため、歯肉の移植をおこなうなどの処置が必要になることもあります。

前歯をインプラントする際に知っておきたい注意点


前歯の喪失部分をインプラントで修復する場合には、いくつか注意しておいた方がよいことがあります。

歯を喪失してできるだけ早めの治療がおすすめ


歯が抜けてしばらく経つと、噛む際の刺激が伝わらないため、周辺の骨が痩せて薄くなってしまいます。骨が薄いとインプラント体を埋め込むことが難しくなり、増骨や骨移植などの処置を施すことになり、治療の期間や手術回数も増えてしまいます。できるだけ早めに治療を施すことをおすすめします。

歯科医院選びは慎重に


先にご紹介したように、前歯のインプラントは奥歯に比べて難しいこともあり、歯科医院選びは慎重に行うことが大切。検査や診査に必要な医療機器はできるだけ最新のもので、症例数も多い経験豊富な歯科医師に担当してもらうのが安心です。事前検査でセカンドオピニオンを受けて決定するのもありですし、ホームページ等で歯科医師の実績や資格取得(インプラント専門医・認定医であるか等)歴なども参考にされてみてはいかがでしょうか。

費用や保証を事前にきちんと確認しておく


インプラント治療は保険適応外で全額自己負担となります。費用形態は歯科医院によって異なりますので、基本の費用にどこまで含まれるのか。また保証期間があればどのような内容であるかしっかり確認しておきましょう。前歯は奥歯に比べて骨吸収や歯肉退縮などが起こると再治療になりやすく、その際の費用面などで「思っていたよりも追加で支払いが多い」というケースもあるのです。

まとめ


前歯のインプラントは奥歯に比べて難しいこともありますが、修復方法の中では一番天然歯に近い審美性と噛み心地を取り戻すことができる修復方法です。入れ歯やブリッジも前歯であるが故の不具合は起こりますし、他の歯に支えを持つため健康な歯への負担もあります。インプラントは不具合が起こったとしても単体で修復できるため、他の歯に影響を及ぼすことはないのです。リスクゼロの治療はありませんが、早期対処できれば前歯のインプラントを長年使うことは十分に可能です。