インプラントを装着すると、まれに装着感に違和感を覚える方もいます。そうなると天然歯により近い噛み心地だと思って手術を受けたのにと、不安や不満を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はインプラント埋入後の装着感に関して詳しくご紹介したいと思います。

多くの方は違和感を感じることはありません

インプラントは高性能な修復装置であることは確かで、埋入後の装着感に違和感があったり不具合を起こすことは滅多にありません。

10年後の平均残存率は90%を超えるインプラントの安定感

厚生労働省による「歯科インプラント治療の問題点と改題等作業班」の調査によると、インプラントの10~15年後の残存率が90%以上と発表されています。これは不具合を生じている場合は含まれず、インプラントが安定し痛みや不具合も起こしていない。また、インプラント周囲炎といったような感染の兆候もなく、患者側が満足できているというような条件をクリアしているインプラントの残存率である為、高い割合で不具合を起こしていない事がわかります。

引用:厚生労働省委託事業「歯科保健医療情報収集等事業」歯科インプラント治療のためのQ&A(厚生労働省・歯科インプラント治療の問題点と改題等作業班)

まれに起こる装着感に関する不具合

とはいえ、100%でないという事は、少なからず何らかの不具合によって残存年数が短い方もいるということです。では、どんなときに違和感が起こりその違和感がどのようなものであるか。これらは違和感の原因によっても異なるため、ご自身の装着感がどのようにおかしいと感じるのか、タイプ別で確認してみてください。

インプラント治療後すぐに起こる装着感の不具合

インプラント治療は、埋入後に土台が安定するまでの期間を設け、土台がしっかり顎骨や周辺組織と結合したことを確認して上部の人工歯を被せて終了します。インプラント治療を終えてすぐの時期に起こる、装着感の不具合にはどのようなものがあるのかご紹介します。

通常の違和感は1週間から10日で解消

インプラント治療は通常は歯茎を切開して下にある顎の骨に穴を開けます。そして土台となるインプラント体を埋入し、再度閉じるという「外科手術」をおこないます。一時はインプラント治療の影響による痛みや腫れも起こるため、口腔内の違和感がゼロとは言えません。ですが、この術後すぐの違和感は、1週間から10日前後で徐々に終息するものですのでご安心ください。

もしも違和感が長引くときは…

術後すぐの違和感は段々と症状が軽くなってくるものです。しかし痛み止めを飲んでも痛みや腫れ、出血がなかなか治まらない。または症状が逆に悪化しているという場合は、埋入したインプラントに不具合が生じている可能性もありますので、かかりつけの歯科医院にできるだけ早く相談することをお勧めします。

インプラント治療終了後しばらくたってからの違和感

しばらくは何ごともなく快適にインプラント生活を送っていたのに、数年経過して装着感の違和感や痛みなどの不具合を感じることもあります。考えられる要素をご紹介します。

インプラント周囲炎になっていませんか?

インプラントはメンテナンスを怠ると、歯ぐきが細菌感染して歯周病と同様の症状を持つ「インプラント周囲炎」を起こしてしまいます。インプラント自体は人工物なので虫歯になることはありませんが、細菌の宿巣とはなり得るため歯磨きや定期検診などのメンテナンスを怠ることで、歯茎が細菌に侵されて炎症による痛みや腫れによって装着感も変わって来ることもあるでしょう。また、症状が悪化すると顎の骨が吸収されてインプラントを支えることができなくなります。インプラントが不安定になりグラグラ揺れると、装着感も違和感につながることになるでしょう。

インプラントの過剰な摩耗による装着感の不具合

普通に日常生活を送っていれば、特にインプラントに悪影響を与えることはありません。ただし、もしも口腔内に悪影響を及ぼす可能性のある習癖をお持ちの場合は注意が必要です。たとえば、睡眠中に歯ぎしりしたり、日中無意識に歯を食いしばる癖のある方は、インプラントの人工歯部分が摩耗したり、インプラント体に過度の負荷を与えることになってしまい、噛み合わせがズレたりインプラントの動揺、脱落に繋がってしまう恐れもあるのです。

もしかすると内部異常の可能性も

装着感の違和感は、歯ぐきから上に出ている部分に目が行きがちですが、実は顎骨内で異変が起こっていることで違和感に繋がっている可能性もあります。何らかの原因でインプラント内部で炎症や神経への圧迫などが起こっている場合、インプラント体が動揺し始めたり、根っこ付近で炎症を起こしてしまっていることもあります。もしも外部に何も原因が見当たらない場合、顎骨内もしっかり確認してもらうことが必要です。

装着感に不具合を感じた時の対処法

インフォームドコンセントの徹底

基本的にはできるだけ早めにかかりつけの歯科に相談してください。どのような不具合を起こしているのか。それがインプラントによるものであるのか他に原因があるのかなど、しっかり診てもらいましょう。

インプラント周囲炎予防にはセルフメンテナンスが大切です

インプラント周囲炎の原因は、治療後のメンテナンスを怠ってしまうことが大きく関係しています。インプラント周囲炎を発症すると歯茎の腫れや痛み、ムズムズ感などの違和感や、装着感への不具合を感じるかもしれません。しかし、インプラント自体に問題がないのであれば、周囲炎の症状が治れば落ち着くこともあるため、歯周病治療と同じように対処をおこないます。
一番良いのは、治療後からしっかりとメンテナンスを継続すること。食後の歯みがきを正しい方法で丁寧におこなったり、歯と歯の間にデンタルフロスや歯間ブラシなどの清掃補助具を用いるのもよいでしょう。

装着感の不具合は早めに確認を!

インプラントに違和感を感じた時、痛みや腫れが無いとついつい受診しないまま日常生活を送ってしまうことがあるかもしれません。もしも装着感がおかしいと感じたら、できるだけ早めに原因を明確にすることが大切です。噛み合わせにずれがある場合はそのまま噛み続けることで摩耗や破折の原因になりますし、インプラントへの負担を大きくしてしまいます。できるだけ早めに調整をおこなえばインプラントの寿命を縮めてしまうような事態を回避することにも繋がります。

まとめ

インプラント装着後2週間以降の違和感は、何らかの不具合が起こり始めているサインとも言えます。少し様子を見れば治るかも?と思って長期間放置すると、修正の効かない事態になってしまうこともありますので、少しでも装着感がおかしいと思ったら歯科医院に早めに連絡して受診しましょう。