お口の中で金属と言えば銀歯のイメージですが、インプラントにも金属が使用されていることがあります。
そのため、金属アレルギーのリスクを考えることが必要です。
金属アレルギーは『全身のかゆみがでる』『皮膚に湿疹ができた』『口内炎が多くなった』
などの症状がでることがあります。
この症状は金属アレルギー以外にも引き起こされることがあるので、原因を特定するまでに時間がかかってしまうことがあります。

そこで今回は金属アレルギーについて詳しくご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

金属アレルギーの原因

金属アレルギーの原因として考えられているのが、人の唾液や汗などと金属が一定の時間触れていることで、金属が徐々に溶け出して金属イオンになります。
この金属イオンが身体の中のたんぱく質と結合して身体の中にはないたんぱく質になります。
すぐに金属アレルギーになるわけではありませんが、身体に中に何度も取り込まれると一定の許容量を超えた所でアレルギー反応が出ます。

そのため、金属を入れてすぐに症状が出る場合だけでなく、一定期間経った後で突然症状が出ることもあります。

そのため、歯科では金属性の銀歯を使用すると金属アレルギーの心配がありましたが、最近普及しているインプラントでも金属の素材ではなくほかの素材を使用して金属アレルギーのリスクを減らす取り組みをしている歯科医院が増えています。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状は、大きく分けて全身性のものと金属が触れている部分だけのものがあります。
全身性の金属アレルギーは歯科金属や食品から摂取することで少しずつ口の粘膜や皮膚から吸収されて汗として出るとアレルギー症状が出ることがあります。
金属が触れる部分的なアレルギーと違い、手足などに症状が出ることが多いです。

金属が触れている部分に症状が出る場合には、原因となっている金属が特定しやすくアクセサリーなどが原因で金属アレルギーを引き起こすことが確認されています。

金属アレルギーが引き起こすさまざまなリスクについて

金属アレルギーでも症状はさまざまです。
いろいろな症状をまとめました。

口内炎・舌炎

口内炎がお口の中に頻繁にできる場合や、舌に炎症が発生します。
特に金属の周りに口内炎ができている時には金属アレルギーの可能性が考えられます。

口唇炎・口角炎

唇の周辺が赤くただれてしまうことや、お口の両端(口角)が炎症を起こして赤くなり、切れることがあります。

味覚障害

金属アレルギーが味を感じる舌の表面の味蕾(みらい)という部分に起こると、食べ物や飲み物の味が分かりにくくなることがあります。

さらに、金属アレルギーが全身にでる場合には、身体に取り込まれた金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルギー物質を作り出すため、汗としてアレルギー物質が排出される際にその部分の皮膚の表面がアレルギー反応を起こしてしまう、という特徴があります。
全身性の金属アレルギーには以下のような病気があります。

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)

お口の中の粘膜、特に頬の内側の粘膜に白い線やレース、網の目状の模様ができ、その周辺が赤くただれてきます。
口腔扁平苔癬は舌や手でさわるとびりびりと痛むのが特徴ですが、症状が出ない場合もあります。

アトピー性皮膚炎、湿疹

アトピー性皮膚炎や湿疹は花粉症など、いろいろな要因が重なって発症しますが、金属アレルギーが原因でアトピー性皮膚炎を発症することもあります。

脱毛症

脱毛症は一気に髪の毛が抜け落ちてしまう病気ですが、銀歯が原因の金属アレルギーが脱毛症の原因になることがあります。
金属アレルギーによって脱毛症を発症した方の中には、皮膚科で診察を受けたのち処方されたステロイド剤を頭皮に塗っても金属アレルギーの症状は改善せず、金属アレルギーを調べてお口の中の金属を変えたところ症状が落ち着いたケースもあります。

インプラントの素材とは?

インプラントの素材で多く使用されているのが『チタン』です。
チタンは骨と拒否反応をしめすことが少なく、生体親和性が良いのであごの骨になじみやすいという特徴を持っています。

また、金属アレルギーが起こりにくい特徴と歯ぐきが黒ずんでしまうという心配もほとんどありません。

また、チタンの素材の中でも表面にハイドロキシアパタイトが加工されているタイプは更に結合しやすいとされています。
これはあごの骨にカルシウムが沈着して結合するので比較的早い3~6カ月程度での骨の定着が期待できます。

チタンはインプラント体以外にも土台にも使用されますが、チタンだけではなく、ジルコニアを選ぶこともできます。
ジルコニアは人工ダイヤモンドなので、金属アレルギーの心配が一切なく安心です。
チタンとジルコニアを比較すると、チタンの方が費用を抑えることができるので、メリットとデメリットを比較して自分に合った素材を選択しましょう。

チタンはアレルギーにならない?

チタンはインプラントに多くしようされているとお話させていただきましたが、全くアレルギーの心配がないわけではありません。
チタンは純チタンやチタン合金などの素材を使用しますが、ごくまれにチタンアレルギーの方も報告されています。

使用する金属の中ではかなりリスクが少ないのですが、可能性はゼロではないので、心配な方は皮膚科で金属アレルギーのパッチテストを行うこともできます。

事前に検査しておくと安心してインプラント治療ができます。

まとめ

金属アレルギーはどのタイミングで発症するか分からないので、誰でもかかる可能性があります。
そのため、リスクになる金属をできるだけ使用しないと安心です。
インプラント治療をする時には、どの様なインプラントをするかも大切で素材もどの様なものを使用しているか確認しましょう。
インプラント治療は良い状態で長持ちさせるにはインプラントの知識を深めることも大切です。