•  
  •   
  • インプラント治療が難しいと言われたらもう諦めなければいけない?難症例と言われる症状のインプラント治療について

インプラント治療を行うためには、一定条件が必要です。そのため患者様のお口の中の状態によってはインプラントが難しいと診断されるケースも否めません。ではインプラント治療が難しい「難症例」と診断された場合、インプラント治療を諦めなければいけないのでしょうか。

難症例と言われるケースとインプラント治療が行えるための条件とは

インプラント治療における難症例とは、主に次の症例が挙げられます。

・顎の骨が少なく、インプラントを支えるだけの骨量が不足している
・歯を全て失ってしまった
・総入れ歯が合わなくて困っている
・前歯のインプラント

歯を失ってしまった場合の補綴機能のひとつ、インプラントは機能と見た目に優れているため「入れ歯はちょっと・・・」「ブリッジは歯を削ることに抵抗がある」とお考えの方にとって第一選択肢になるかもしれません。機能性、審美性以外にもインプラントには他の歯に影響を与えずに治療することができること、残存歯の健康を維持しやすいこともインプラントの大きなメリットです。しかしインプラントを行うためには、クリアしなければいけない条件があります。それは「顎の骨の量」です。

インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋め込み、顎の骨とインプラント体が結合することにより再び噛む機能を回復させます。そのためには、顎の骨の量が十分であることが必須条件なのです。

ところが、歯周病などが原因で顎の骨が少なくなってしまった場合や、入れ歯により歯がない部分の骨が薄くなってしまった状態のままインプラントを埋め込むと、インプラント体と顎の骨の結合が難しく、インプラントがしっかり固定されません。また上顎にインプラント治療を行う際、顎の骨の厚みが足らないと、顎の骨からインプラント体の先端部分が露出し、炎症を起こしてしまう恐れがあります。
このように、顎の骨の量が不十分の場合、インプラント治療が難しくなるケースがあります。

また前歯のインプラントが難症例と言われるのは、前歯は奥歯以上に審美面が重視されるからです。インプラントを埋入する位置が少しでもズレてしまうと、審美面に大きく影響してしまうため、前歯のインプラントも難症例と考えてよいでしょう。

顎の骨が足りないという方に向けた治療法とは

では顎の骨の状態からインプラントが難しいと言われた方は、絶対にインプラント治療を諦めなければならないのでしょうか。インプラント治療に力を入れ、高度な技術を持った歯科医院では、顎の骨を増やすための治療を行っており、顎の骨が不足しているためにインプラント治療が難しいと言われた方に対しても、インプラント治療が可能な状態へと導くことが可能です。次に顎の骨の量が足りず、難症例と言われている方に向けた治療法についてご紹介しましょう。

サイナスリフト

上顎の奥歯の骨の厚みが足らない場合に行われる治療です。上顎の奥歯の上にインプラントを埋入するためには一定の厚み以上が必要です。ところが、歯周病で歯を失った方や、長い間歯が抜けたままの状態で過ごした方などは骨の高さが足らない状態となっています。上顎にはいくつかの空洞があり、そのうちのひとつに上顎洞という大きな空洞がありますが、骨の厚みがたらないままインプラントを埋入すると、インプラント体は骨としっかりと結合せず、上顎洞内に落ちてしまう危険性があります。もし上顎洞にインプラント体が落ちてしまうと、膿を持ったり炎症が起きるといったトラブルが起きてしまいます。
このようなトラブルを回避するために、薄くなった部分の骨を再生させる治療が「サイナスリフト」と呼ばれる治療です。骨の厚みが5ミリ以下の方の場合、サイナスリフトを行うことでインプラント治療は十分可能です。上顎の薄くなった部分に増骨材を入れ、骨の厚みを作り出します。
ただしサイナスリフトは歯ぐきを広い範囲で切開するため患者様への負担もやや大きく、インプラント治療を行う状態までに長い期間を要します。その後インプラント治療を行うわけですから、全体的に治療期間が長くなります。
そしてサイナスリフトは非常に高度な技術を要する治療法のため、インプラントを扱っている歯科医院全てで受けられるわけではありません。サイナスリフトの治療を受けるためには、サイナスリフトの治療実績が豊富な歯科医院選びが大変重要です。

ソケットリフト

こちらも上顎の奥歯の骨の厚みが足らない場合に行われる骨造成治療です。サイナスリフトは5ミリ以下で適用されますが、ソケットリフトは骨の厚みが5ミリ以上ある場合に適用が検討されます。インプラントを埋め込む穴から増骨材を埋め込むため、サイナスリフトと比べると切開部分が少なく、患者様の負担も抑えられます。ソケットリフトは上顎の骨の厚みが少し足らない場合によく用いられる方法のため、上顎の骨が足らないと言われた方も諦めないでいただけることでしょう。

GBR

骨の高さや幅が足らない場合に行われる骨造成治療です。GBRとサイナスリフト、ソケットリフトとの大きな違いは、同時にインプラント手術も行えることです。サイナスリフト、ソケットリフトは骨の結合が必要で、インプラント治療ができる状態になるまで数か月かかりますが、GBRは同時にインプラント手術が行えるため、長期間が短くて済みます。
ただしGBRは他の骨造成治療と比べるとやや高額な費用が必要となります。

オールオン4(オールオン6)

オールオン4とは、歯を全て失った方、総入れ歯に不便を感じている方向けのインプラント治療です。4本あるいは6本のインプラント体で人工歯を支えるため、失った本数分のインプラントは必要ありません。そのため見た目も美しく、しっかりと噛むことができます。

インプラント治療が難しいと言われても諦めず、難症例に対応している歯科医院でまず相談を

難症例に対する治療法をご紹介しました。自分の骨の状態ではインプラントは無理、と言われた方も、難症例に対応した治療を行っている歯科医院でまず相談してみて下さい。骨造成を行っている歯科医院なら、患者様の状態に最も適した治療を行うことで、インプラント治療が可能となる場合があります。難症例に対応しているだけでなく、症例や実績が豊富であることが第一条件です。インプラント治療を諦めないためにも、歯科医院選びは慎重に行いましょう。