インプラント治療は、同じ欠損補綴治療の中でも治療の流れと治療期間が、入れ歯やブリッジよりも長く複雑な傾向になります。さらに外科手術が必要なため、患者様は手術に対する不安をお感じになることと思います。安心してインプラント治療を受けるためには、治療の流れを知っておくことが大切です。ではインプラント治療は、どのような流れで行われるのかについて詳しくご説明します。

インプラント治療とは


でははじめに、インプラント治療とはいったいどのような治療法なのかについて、他の治療法と比較しながらお話を進めてまいります。

インプラント治療とは、失った歯の部分の顎の骨にインプラント体を埋め込み、上部にセラミッククラウンなどの人工歯を装着して噛む機能を取り戻す治療法です。顎の骨に人工歯根を埋め込むことでご自身の歯のようにしっかりと噛むことができるため、入れ歯やブリッジのように不便さや見た目を気にすることなく、お食事や会話といった日常生活を楽しんでいただけます。

入れ歯やブリッジは、保険適用であること、治療期間が短いことなど良い点もありますが、デメリットも多く存在します。入れ歯の場合、しっかりと噛み難いこと、歯がない部分の顎の骨が吸収し、すぐにガタついてしまうこと、バネをかけた歯に負担がかかりやすく、虫歯や歯周病リスクが高いことなどがデメリットとして挙げられます。
ブリッジは噛む力は強いですが、健康な歯をたくさん削らなければならないことが最大のデメリットです。健康な歯を削ることで歯質が薄くなり、ダメージが加わりやすくなることで歯の寿命に少なからず影響が出てしまいます。また固定式のため清掃がしにくく、汚れが溜まりやすいため口臭の原因を作りやすいとも言われています。

そしてどちらの治療法も、他の歯に負担や影響を与えやすく、再治療のリスクを伴うことが大きなデメリットとして挙げられます。

いっぽうインプラントは、外科手術が必要であること、治療期間が長くなることといったデメリットがありますが、それ以上に多くのメリットを持った治療法です。噛む機能、審美性に優れていることはもちろん、他の歯に影響を与えないことは、残存歯の健康を維持する上で非常に大きな意味を持っていると言えるでしょう。

歯の治療を行うことは、すなわち歯の健康を維持することでもあります。歯の健康を維持するための治療を行っているのにもかかわらず、他の歯が治療の影響を受けてしまうことは、結果的に新たに治療する歯を作り出すようなものです。インプラント治療は、不幸にも失ってしまった歯の機能を取り戻すだけでなく、他の歯に影響を与えることなく残存歯の健康を維持することができる、とても優れた治療法なのです。

インプラント治療の流れ


ではインプラント治療はどのように行われるのか、その流れについてご紹介します。歯科医院によって若干違いはありますが、治療工程はほとんど同じです。

① カウンセリング

患者様のお口の中のお悩みをお聞きし、インプラント治療とはどのような治療なのか、どのような流れで行われるのか、メリットデメリットなどについて説明します。もちろんインプラント以外の治療を選択していただいても構いません。インプラント治療と他の治療法を比較しながら、患者様にとってベストな治療法、患者様の意向に沿った治療法を決定します。

② 事前検査

インプラント治療が決定したら、お口の中の状態を把握するための事前検査を行います。事前検査には口腔内の診察、レントゲン撮影、CT撮影、血液検査などが行われます。歯周病や虫歯がある場合は、インプラント手術までに治療を済ませておきます。なお歯ぐきを切開せずにインプラントを埋め込む「フラップレス手術」の場合、事前にインプラントを埋め込む位置を決定するガイデッドサージェリーというテンプレートを手術までに作製しておきます。

③ 一次手術

多くのインプラント治療は、二度外科手術を行う二回法を取り入れています。一次手術では、まず局所麻酔を打ち、歯ぐきを切開して顎の骨にインプラントの埋入が行われます。インプラント埋入後、歯ぐきを縫合して顎の骨とインプラント体の結合を待つ安静期間に入ります。手術の術式によっては、仮歯を装着する場合もあります。手術時間は、インプラントの本数や術式にもよりますが、およそ1時間~3時間くらいが目安です。

④ 二次手術

インプラント体と顎の骨の結合が確認でき次第、二次手術を行います。二次手術は一次手術ほど時間はかかりません。局所麻酔を行って歯ぐきを少し切開し、インプラント体の先端を露出させます。そこへインプラント体と人工歯を繋ぐためのアバットメントという小さな部品を取り付けて二次手術を終え、切開した歯ぐきの治りを待ちます。外科手術を一度だけ行う一回法では、この工程が省かれます。

⑤ 型取り

二次手術による歯ぐきの切開部位が治癒したことを確認し、人工歯の型取りを行います。素材はオールセラミッククラウンやジルコニアセラミックなど様々です。出来上がった人工歯を装着し、噛み合わせを整えて問題がないことを確認して治療を終えます。

⑥ 定期的なメンテナンス

インプラント治療を終えた後に大切なことは、定期的なメンテナンスです。このメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎をはじめとしたトラブルが起こりやすくなってしまうため、歯科医院でのメンテナンスは必ず受けるようにして下さい。

インプラント治療の特徴と流れを把握しておくことが、安心して治療を受けるためのポイント


インプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べると外科手術を伴い、保険適用外のため費用も高くなってしまいます。そのためインプラントを敬遠する方も決して少なくはありません。しかしインプラントは、他の治療法にはない優れた特徴を持っており、そのことが残存歯の健康維持にも繋がるのです。

歯の治療はただ噛む機能を取り戻すことだけが目的ではありません。なぜ治療を行わなければならなくなったのかをまず振り返ってみて下さい。そして今後は歯の健康維持に努め、いつまでもご自身の歯で食事を楽しんでいただくことで歯の健康の大切さを再認識されることと思います。そのためにも、残った歯の健康を維持することは非常に重要なことなのです。

インプラントは残存歯に負担をかけにくい、とても優れた治療法です。安心して治療を受けていただくためにも、ご紹介した治療の流れを参考にしていただき、お口の健康維持にお役立て下さい。