インプラントは、インプラント体と顎の骨が強固に結合することで、人工歯根の役目を果たします。そのためには十分な骨量が必要となります。しかし、歯周病や入れ歯による骨吸収が進んだ場合、インプラントが結合するための顎の骨の量が不足することがあります。今回は、このような状態の方に向けた顎の骨の骨量を増やす「GBR」という治療について詳しくご紹介したいと思います。

インプラント治療に必要な顎の骨量が不足する原因とは


インプラント治療の大前提は、十分な顎の骨の量があることです。インプラントは、外科手術によって顎の骨にインプラント体を埋め込み、骨とインプラント体がしっかりと結合することで、失った歯の根の役目を担います。そのためには顎の骨の量が足りていることが必要不可欠です。言い換えれば、少ない骨量ではインプラントの結合が得ることができないのです。

では顎の骨が足りない原因は、何が挙げられるのでしょうか。

・歯周病・・・歯周病は、歯周病菌により歯ぐきや歯を支える歯周組織に起こる炎症です。代表的な症状は歯ぐきの腫れと出血ですが、さらに症状が悪化すると顎の骨が吸収され始めます。進行した歯周病は顎の骨量が少なくなっており、歯がグラグラして揺れ動きます。虫歯は歯が溶ける病気であり、歯槽骨が溶けることはありません。しかし歯周病は歯に痛みをほとんど感じないまま症状が進行するため、歯槽骨という歯を支える組織に深刻な影響が出てしまいます。
重度歯周病で歯を失った方の顎の骨の量はかなり少なくなっており、インプラント体を埋め込むには不十分な量であることがほとんどです。

・長期にわたる入れ歯の使用・・・歯を失ってしまった場合の補綴治療として、入れ歯が多く選択されています。入れ歯は失った部分を補う部分入れ歯と、歯を全て失った場合の総入れ歯がありますが、どちらも歯の根を失ってしまっていることから、徐々に顎の骨が吸収されていきます。そのため入れ歯が合わなくなり、入れ歯と粘膜の間に隙間が生じてしまいます。入れ歯はガタつきやすく、調整を行ってもしばらくするとすぐに合わなくなり、しっかり噛むことが困難に感じることでしょう。

入れ歯を長い間使っていると骨吸収が進み、気が付けば顎の骨が少なくなってしまっていることがほとんどです。入れ歯からインプラント治療を希望しても、顎の骨が吸収されている状態ではインプラントを支えることが難しい状態であると言えるでしょう。

なぜ骨量が足りないとインプラント治療ができないのでしょうか


インプラントを支えるためには、インプラントの長さ以上の骨(最低10ミリ)および、インプラント周囲に1ミリ以上の骨が必要となります。
ところが顎の骨が足りないと、インプラントを支えることが難しいだけでなく、感染の危険を伴ってしまいます。もし顎の骨の高さが足らないところへ無理にインプラントを埋入すると、先端部分が露出してしまうことがあります。先端部分が露出すると、細菌感染の恐れが出てきます。

細菌感染を起こすと歯ぐきの腫れや出血だけでなく、埋め込んだインプラント体がグラグラする原因になってしまいます。
このようなリスクを回避するためにも、インプラント治療には十分な骨量が必要なのです。

インプラント治療を行うための顎の骨量の再生治療「GBR」


インプラントを行うために、十分な顎の骨の量が必要ですが、重度の歯周病や入れ歯の長期使用により顎の骨の量が少なくなってしまった場合でも、インプラント治療を可能にする治療があります。それが「GBR(骨誘導再生法)」と呼ばれる骨の再生治療です。GBRとは、顎の骨が少なくなった部分に骨を再生させる、最新の治療法です。つまりGBRはインプラント手術のことではなく、インプラント治療が行えるための土台づくりの治療であり、GBRによって顎の骨を再生させることで、はじめてインプラント治療へと進むことができるのです。

GBRでは、骨を作るための骨補填材を使って骨を再生させます。骨が少ない部分に骨補填材である人工の骨を足して骨を増やします。使われる骨充填剤は様々ですが、安全性を重視した人工骨が使われることがほとんどです。中には牛の骨などが使われることがありますが、感染症のリスクがあるため、安全性の高いものが使われるようになりました。

またGBRは、インプラント手術も行うことが可能です。インプラント手術と同時進行することにより、治療期間が他の増骨手術よりも短くて済みます。

GBRと他の増骨手術との違いとは?


インプラント治療を行えるだけの十分な骨が足りない場合の増骨手術には、GBRの他にソケットリフト、サイナスリフトがあります。同じ増骨手術でも、ソケットリフトやサイナスリフトは、増骨手術後、顎の骨の状態が安定する期間が必要となります。個人差がありますが、およそ4~6か月程度を要し、この後にインプラント手術が行われます。そのためインプラント治療を行うまでに長い期間を要してしまうのです。

高度な技術が必要になるGBR


高度な技術をもってインプラント治療を可能にするGBRですが、費用が高くなることがデメリットでもあります。自費治療のため価格は歯科医院によって異なりますが、1本につきおよそ8万円前後が相場であり、決して安い治療費ではありません。またある程度のリスクも伴うため、GBRを検討される方は、慎重に歯科医院を選ばなければいけません。

GBRやサイナスリフト、ソケットリフトなどインプラント治療に伴う治療は、非常に難しく高度なテクニックを必要とする治療です。また増骨手術を行ったから必ずインプラント手術が成功するかと言うと、絶対とは言えません。高度な技術だからこそ、リスクやデメリットも当然伴います。

しかし、リスク以上にインプラントはメリットが多い治療法です。入れ歯にはない噛み心地や、他の健康な歯を削る必要があるブリッジに比べると、機能面や審美面、そして残存歯の健康を維持できることは、インプラント治療の大きなメリットです。歯周病や長期間入れ歯をお使いの方で、噛むことにお悩みの方は、いちど骨再生治療を行っている歯科医院へ相談されてみてはいかがでしょうか。