歯をたくさん失った方や全て歯を失ってしまった方の第一選択肢は、恐らく総入れ歯でしょう。しかしいざ入れ歯になると、噛むことに関して非常に苦労することを痛感されると思います。同じ補綴治療でもインプラントはしっかりと噛むことができますが、歯をたくさん失った方でも、インプラントの本数を抑えたインプラント治療が可能であることをご存じでしょうか。

総入れ歯が使いづらいと感じるのはなぜでしょうか


歯を全て失ってしまった、あるいはひどい虫歯や歯周病のために歯を残すことができず、残っている歯が全て抜歯となり、ご自身の歯を全て失ってしまったらとてもショックを受けることと思います。しかしいつまでも悲しんでいるわけにはいきません。次に考えなければならないことは、噛む機能を取り戻すことです。歯がないと、当然しっかりと噛むことができません。歯ぐきだけで噛めるのはごく柔らかいものだけで、普段何気なく食べていたものが噛めなくなってしまいます。そのままにしておくと体の健康や脳の活動に影響が出てしまうため、すぐに噛むための補綴治療に進むことになります。そこで多くの方は、保険診療を選択されるでしょう。と言うのも、虫歯治療や歯周病治療、そして抜歯の処置は保険診療で行えることから、その流れで保険適用の補綴治療に進むためと考えられます。

歯を全て失ってしまった場合の補綴治療は、総入れ歯です。総入れ歯には保険適用の物と自費の物がありますが、ここでは「総入れ歯」という機能に焦点を当ててお話を進めてまいります。

総入れ歯は取り外し式で、お手入れはそれほど難しいものではありません。保険適用のため、費用を抑えて治療が出来ること、保険診療を取り扱っている歯科医院なら全国どこでも治療が可能なこと、義歯の完成までそれほど日程がかからないことがメリットと言えます。

しかし総入れ歯の最大のデメリットは、噛む力が非常に弱いことです。部分入れ歯は、残存歯にバネをひっかけて固定しますが、総入れ歯はバネが全くないため、床(しょう)と呼ばれるピンク色の樹脂の部分を、顎に吸着させます。そのため固定力が非常に弱く、しっかり噛むことがなかなかできません。また外れやすく、人前で入れ歯が落ちたらどうしよう、と不安に感じる方も多いことでしょう。

そして歯がないため、顎の骨が吸収されて入れ歯が合わなくなってしまいます。入れ歯が合わなくなるとガタガタする、入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟まって痛いなど、様々な不具合を感じてしまいます。

これは、「総入れ歯では固定ができない」ということが最大の原因です。同じ欠損補綴で、も、ブリッジは固定できるためしっかりと噛むことができます。部分入れ歯も噛む力がやや弱いことながら、バネをひっかけてある程度固定することができます。しかし総入れ歯は固定ができないため、どうしても噛む力が弱く、食生活や日常生活に影響が出やすくなるのです。

高額な治療費がネックとなるインプラント治療


しっかりと噛むことができるのは、インプラントです。インプラントは顎の骨にインプラント体を埋め込み、上部に人工歯を被せて噛む機能を回復させるため、ご自身の歯に近い感覚でしっかりと噛むことができます。見た目も美しいため、機能と審美性に優れていることが他の補綴治療との大きな違いでしょう。しっかり噛めるということは、総入れ歯の機能にお悩みの方にとっては希望の光となるに違いありません。

ここで問題となるのが費用です。インプラント治療はごく一部の症例を除き、自由診療となります。インプラントの相場は、歯科医院の価格設定や地域によって異なりますが、だいたい一本あたり35万~50万程度と言われています。自由診療で費用が高くなるとはわかっていても、決して安い価格とは言えません。一本でもこれだけ高いのに、歯を全て失ってしまった方にとっては、全てインプラントを埋め込んだら一体どれくらい高くなるのか・・・とても手が出る価格ではないと諦めの心境になることは容易に想像がつきます。

インプラント治療でも本数を抑えることは可能なのか

では歯を全て失った方や総入れ歯の方は、インプラント治療を諦めなければならないのでしょうか。インプラント治療には様々な術式があり、技術の向上とともに色々な症例の方に向けた治療の選択肢が増えています。その選択肢の中には、インプラントの本数を抑えた総入れ歯の方向けのインプラント治療が含まれているのです。では次に、インプラントの本数を抑え、再びしっかり噛むことができる治療についてご紹介しましょう。

オールオン4/オールオン6

オールオン4とは、片顎4本(あるいは6本)のインプラントを顎の骨に埋め込んで、10本の繋がった義歯を支える術式です。また今お使いの総入れ歯を使うことも可能なケースもあります。4本という少ない本数で義歯を支えることができるため、しっかりと噛むことが可能です。費用も、全ての歯にインプラントを埋め込むよりははるかに金額を抑えて治療することができます。

インプラントオーバーデンチャー(今お使いの入れ歯を使ったインプラント治療)

ロケーターインプラント

下顎の総入れ歯のお悩みを改善する治療法です。使うインプラントは2本のみで、ロケーターと呼ばれる器具を取り付けます。さらに入れ歯にロケーターをくっつける留め具を埋め込み、入れ歯を装着します。非常に強力に固定されるため、食事の最中に入れ歯が外れることはまずありません。また取り外しも可能なため、お手入れもラクにできます。

なお上顎の場合、4本以上のインプラントが必要となるため、オールオン4がお勧めです。

マグネットタイプ

埋入するインプラントは2本および4本で、インプラント本数を抑えることができます。埋入したインプラントと入れ歯の間にマグネットを使い、磁気の力で着脱する方法です。強力な磁力によって入れ歯が吸着するため、しっかりと噛むことができます。

もういちど噛む喜び、食事の楽しさを取り戻すために・・・

総入れ歯は食事や会話に不自由を感じ、日常生活を過ごしにくくなる原因を作ってしまいがちです。このような総入れ歯や総入れ歯に近い方のお悩みを、インプラント本数を抑える治療法で改善できるインプラント治療を選択することで再び快活な日常生活を取り戻すことができることでしょう。
総入れ歯にお悩みの方は、インプラント治療を専門としている歯科医院にいちど相談されてみてはいかがでしょう。