インプラント治療は失ってしまった歯の修復方法として、機能性・審美性共にいちばん天然歯に近いといわれています。正しいメンテナンスを行えば生涯使える装置ですが、入れっぱなしでメンテナンスを怠ると「インプラント周囲炎」を起こすことがあります。今回はインプラント周囲炎とそれによって起こる合併症をご紹介します。

■インプラントは「入れたら終わり」ではありません!

インプラント治療は丈夫で天然歯のような噛み心地を取り戻すことができます。また、歯根部分から人工的に再現しますので、見た目の違和感もなく審美的にも人工物だと気づかれにくいメリットもあります。しかしいくら良い治療法であったとしても治療後のメンテナンスはとても重要。怠ると大変なことになりかねません。

  • インプラント周囲炎に注意しましょう!
  • インプラント自体は人工物ですから、虫歯になりません。だからといって日々の歯磨きや定検診などを怠ると、歯周病とおなじ症状「インプラント周囲炎」になってしまう恐れがあります。

  • インプラント周囲炎とは?
  • インプラントの歯と歯茎の境目に歯垢や歯石が沈着したままになっていると、それらを宿巣としている歯周病菌が増殖してしまいます。歯茎が細菌感染して炎症を起こすと、歯周病と同様に歯周ポケットが深くなり、汚れや細菌はポケットの深部に入り込んでさらに奥へ感染します。症状が悪化するとインプラントを支えている顎の骨が吸収されてしまうため、インプラントのぐらつきや脱落の原因になってしまいます。

■インプラント周囲炎の合併症にも注意が必要

インプラント周囲炎は、せっかく埋入したインプラントが継続して使用できなくなるような不具合を起こすことはもちろん、インプラント周囲炎から波及して起こる合併症にも注意しなければなりません。一体どのような合併症が考えられるのでしょうか?

  • 糖尿病を発症・進行・悪化を促してしまう
  • インプラント周囲炎が悪化すると、出血や排膿、神経の壊死などを起こしてしまいます。口内で増殖した周囲炎の原因菌が血液中に侵入して「感染性心内膜炎」を引き起こす要因になることがあります。抗生物質を投与しながらの入院治療を必要とし、もしも弁膜に異常が見られた場合には人工弁に置き換える外科手術が必要になることもあるのです。

  • 感染性心内膜炎を引き起こす
  • チタンと骨の結合を発見したブローネマルク博士はこの骨との結合を「オッセオインテグレーション」と命名し、1965年に歯科臨床でインプラントとして応用できるようにしました。そして『ブローネマルクシステム』として始まった最初のインプラントは、生まれ持って顎の骨が弱く歯を失ってしまったトスタラーソンという男性に施術されました。この施術されたインプラントはその後彼が亡くなるまでの41年間、不具合なく機能したという記録があります。

  • 虚血性心疾患のリスクが高くなる
  • インプラント周囲炎の原因菌やその菌体成分などが血管に不具合を起こしたり、炎症によって発生した「炎症性サイトカイン」が血管内皮細胞や動脈硬化部分の免疫細胞を活性化させてしまい、心臓や血管に異常を起こすともいわれています。

  • 脳梗塞を引き起こす可能性も…
  • 虚血性心疾患という合併症は動脈硬化が進んで発症する病気でもあります。インプラント周囲炎が症状の悪化を促進したことで動脈硬化が脳の血管で起こった場合、脳梗塞の要因になることも考えられます。

  • 誤嚥性肺炎との関係性
  • 唾液が誤って気道に入り込むことで外から侵入した細菌に感染して肺炎を引き起こす「誤嚥性肺炎」は、飲み込む「嚥下」という機能が低下してしまう高齢者に多い病気です。近年の研究で歯周ポケットで産出される炎症物質のサイトカインが肺の炎症を強めることや、呼吸器の病気も起こしやすくすることが発表されています。インプラント周囲炎で歯周病菌がたくさん含まれた唾液になっていると、誤嚥性肺炎のリスクも高くなってしまうことになるでしょう。

インプラント周囲炎にならないためにできること

インプラント周囲炎は歯周病菌に感染しないための対策が必要です。次はインプラント治療後に気を付けるべき対策をご紹介します。

毎日、正しいブラッシングを継続しましょう

まずは日々自宅でおこなうセルフケア「ブラッシング」を正しい方法で丁寧に継続することが大切です。口内に歯周病菌をゼロにすることは容易なことではありません。もしいたとしても、活発に活動できない環境にしておけば、炎症を抑制することができます。
インプラントに歯垢や歯石が沈着したままの状態にならないよう、適切なブラッシングを毎日の生活の中でおこなうことが、インプラント周囲炎予防の一番のポイントです。

食事内容も意識しましょう

歯垢は歯周病菌の宿巣です。歯垢が多ければ多いほど、歯周病菌は増殖しインプラント周囲炎を引き起こします。甘いものや歯に残りやすい素材は歯垢を形成しやすい状況になりやすくなるため、減らすことを意識してみましょう。逆に繊維の多い食品や噛む回数が増えるような硬い素材は、唾液分泌を促進して自浄作用や抗菌作用で歯垢の形成を抑制することにも繋がります。

歯科医院で定期的なメンテナンスを受けましょう

インプラント治療終了後は、定期的に歯科医院から検診の案内があります。これは口腔内環境に合わせた間隔で個々に違う期間が設定されています。インプラント周囲炎にならないよう、口腔内環境が良い状態で継続されているか確認するのはもちろん、歯垢や歯石の沈着があればクリーニングをおこなったり、歯科医師・歯科衛生士といった専門家による歯磨き指導がおこなわれます。また、もしもインプラントに不具合が生じている場合の早期発見にもつながるため、早期に改善や対策をおこなうことでインプラントの寿命を永く保つことにもつながります。

まとめ

インプラント治療を行った後の安堵感からメンテナンスを怠ってしまうと、インプラント周囲炎になる可能性があります。そもそも歯を失った原因が歯周病だった方は特に注意が必要です。インプラント周囲炎は歯周病と同じ症状であり、合併症として全身にさまざまな悪影響を及ぼしかねません。合併症を起こさないためにも施術後のメンテナンスをしっかりおこない、インプラント周囲炎の予防対策を心掛けることを意識しましょう。