インプラント治療で最も重要なのが、顎の骨に土台を埋入する外科手術です。最も天然歯に近い見た目と噛み心地を取り戻せる修復法とはいえ、手術中に伴う痛みに関しては心配なことも多いでしょう。そこで今回、インプラント治療の外科手術の際におこなわれる麻酔について詳しくご紹介したいと思います。

痛みだけでなく不安をできるだけ解消!するための歯科麻酔

インプラントの土台(人工歯根)埋入のための外科手術において、歯科麻酔を使わずにおこなうことはありません。患者様ができる限り痛みを伴わなくて済むよう、歯科で使われる麻酔法を状況や施術に合わせておこないます。

    局所麻酔(きょくしょますい)について

    インプラントの土台を埋入する際にはまず歯ぐきを切開し、その下にある顎の骨に歯科用切削器具で穴を開ける処置が必要になります。虫歯治療や抜歯などの際におこなう歯科用の局所麻酔と同じ注射器と薬剤ですので、虫歯治療等を受けたことのある方であれば初めて受けるという方のほうが少ないでしょう。

  • アレルギーなどは起こらない?
  • インプラント治療をするということは歯を喪失しているということ。歯を失う際に何らかの処置をおこない(虫歯治療、神経を抜く、抜歯など)歯科麻酔をしたことがあるでしょうから、ほとんどの場合麻酔が合わないなどの不具合は心配ないと思われます。

  • 局所麻酔の流れ
  • 針を刺入する時に「チクッ」とする痛みを苦手とする場合もあるため、歯ぐきには表面の間隔を鈍らせる表面麻酔を塗布して行うことが多いです。塗布した部分に針を数か所のポイントに分けて刺入します。最近では電動注射器や極細の針が増えており、痛みをほとんど感じないで局所麻酔を受けることができるようになっています。

    静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)について


    インプラントの中でも、単純に1本だけおこなうものとは異なり、複雑な装置が必要であったり増骨のための処置が必要な場合などは、患者の身体的・肉体的負担を軽減するために静脈内鎮静法を用いるケースもあります。

  • 静脈内鎮静法とはどんな麻酔法?
  • 静脈内鎮静法という麻酔は、その名のごとく腕の静脈から点滴で鎮静剤を投与します。仮眠状態でフワフワとした感覚になることで、治療中の緊張感を和らげます。施術の記憶がほとんど無いほどウトウトする場合がほとんどです。通常の虫歯治療や抜歯でも、歯科治療に対する恐怖心の強い方に用いられることもあります。

    笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)について

    静脈内鎮静法と同じような効果を期待しておこなわれる麻酔として「笑気吸入鎮静法」があります。笑気ガスを吸入することでリラックスした状態が期待できます。

  • 笑気吸入鎮静法とはどんな麻酔法?
  • 笑気と呼ばれるガスは亜酸化窒素(N2O)です。吸うことで気持ちが落ち着きリラックスして全身の脱力感から表情が笑っているように見えることからこう呼ばれるようになったとされています。痛みや不安を感じにくくなるため、静脈内鎮静法と同じく時間のかかる施術や、恐怖心の強い方などに有効的な方法です。
    鼻に吸入器を装着し、施術中の様子を見ながら笑気ガスを吸入します。吸入を停止すればすぐに鎮静状態が解かれるほど軽いものなので、施術中に会話も可能です。

    静脈内鎮静法と笑気吸入鎮静法が提案されるケース

    オールオンフォーや骨増成のための施術の際には、手術による侵襲が起こる可能性もあるため、静脈内鎮静法を用いて万全な体勢で施術することを目的として患者様にご提案しています。

    • オールオンフォー
    • 全ての歯を喪失している場合に、4本(もしくは6本)のインプラントを支えとし、総入れ歯のような連結した人工歯を被せるインプラント法です。通常1本の土台につき1歯の修復物を被せる場合より施術時間もかかるため、患者の負担は大きくなってしまいます。

    • サイナスリフト(骨造成術)
    • 上顎に施術する際に、顎の骨の厚みが3~5㎜以下の場合や多数歯の欠損の場合、「上顎洞」という鼻の下あたりの空洞の厚みを補い、インプラントの土台が安定しやすくなるよう事前に骨移植をおこなう治療です。歯ぐきを切開し、骨の移植をおこなう施術をおこなってからインプラントの手術になるため、こちらも時間のかかる施術です。
      他にもソケットリフトやディストラクション、GTR法、GBR法といったさまざまな骨造成術があり、必要に応じて静脈内鎮静法をご提案します。

      インプラントの麻酔に関するQ&A

    • 入院は必要ですか?
    • 笑気吸入鎮静法に関しては、すぐに覚醒します。静脈内鎮静法はおこなった直後は危険なためお車の運転はできませんが、しばらく休憩を取っていただければその日のうちに帰宅することができます。

    • 副作用はありますか?
    • 歯科の麻酔は安全性を備えたもので、副作用はほとんど起こりません。しかし残念ながら副作用がゼロではありません。アドレナリンが含まれた麻酔薬の場合、血中を通過することで動悸や頭痛を訴えるケースもあります。この程度の症状であれば、数分程度で落ち着くケースが多いため、安静に様子を見ていれば大丈夫です。
      麻酔薬にアレルギーがあった場合、アナフィラキシーショックを起こすことがまれにあります。もともとアレルギー体質であったり、持病をお持ちの方などは問診時に必ず歯科スタッフに伝えましょう。アレルギーなど思い当たる節が無くても、麻酔すること自体が初めて方も同様です。

    • 日本歯科麻酔学会専門医とは何ですか?
    • 一般社団法人日本歯科麻酔学会が認定する専門医資格です。200症例以上の実績や講習会への参加実績、論文提出などが必要で、歯科麻酔の知識や経験に関する実績の診査を受け、認定された歯科医師に交付されます。受診する歯科医院を選択する際、歯科麻酔に対して恐怖心が強い方や不安のある方は、ひとつの指標とするポイントとして知っておかれるとよいと思います。

      まとめ


      インプラント治療では外科的手術を伴うため、インプラント埋入時には歯科用麻酔が必要です。患者様の体調や感受性など状況に応じていくつかの麻酔法から提案されます。日本歯科麻酔学会が認定する専門医を持つ歯科医師もいますので、麻酔に関して疑問や不安のある方は遠慮なくご相談ください。