知っておいたほうが良い!ガイデット・サージェリー

従来の方法よりも安心・安全にインプラント治療を受けることができる「ガイデット・サージェリー」という施術法をご存知ですか?今回、この最新治療についての詳しい内容やメリット・デメリットなどをご紹介します。これからインプラント治療をお考えの方に、ぜひガイデット・サージェリーについて知っていただき、治療法の選択に活用していただければと思います。

安心・安全な「ガイデット・サージェリー」って?

最新のインプラント治療「ガイデット・サージェリーインプラント」は、CT画像を用いて骨や神経、血管などの周辺組織の状況を3次元的に正確に把握し、手術のシュミレーションをおこなった上でインプラント埋入の施術をおこなうものです。

  • 従来のインプラントの施術
  • インプラント治療は、顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋入する外科的手術を伴います。従来のインプラントもレントゲンやCTなどを用いて、事前に治療計画を立てて行っていますが、実際に施術をおこなう際には肉眼で目視しながらおこないます。そこで歯科医師の高度な知識と技術、熟練のテクニック等が必要な治療なのです。

  • 目視によるインプラント埋入手術のリスク
  • 顔の周りに張り巡らされている神経や血管を傷つけないようにするために、切削やインプラントの挿入角度を誤らないようにしなければ、神経の麻痺や大量出血、インプラントが定着しないなどの不具合などを起こしかねません。滅多に起こる事故ではありませんが、残念なことに歯科医師の未熟な手技によってのインプラント失敗事例もゼロではないのです。歯科医院を選ぶにあたり、患者様が歯科医師の経験値や腕の良さを知ることはなかなか難しく、インプラント治療に対しての「不安」として感じてしまうこともあるでしょう。

  • ガイデット・サージェリーは精度の高いシュミレーションがポイント!
  • インプラント治療の失敗は滅多に起こることはないとはいえゼロと言えないことも確かです。そこで、その不安をできるだけ解消してくれるのがガイデット・サージェリーです。
    施術では肉眼で見えない顎の骨の内部、血管や神経までリアルに確認ができシュミレーションができます。CT画像によるコンピュータ上のシュミレーションで、インプラント埋入手術の際に使用するマウスピース型ガイドを作成します。このマウスピースを実際の口腔内に装着し、インプラント埋入箇所に挿入する角度で挿入できるように穴が開いています。術者がこのガイドの通りに施術をおこなえば、理想の位置にインプラントが埋入されるように設計されています。

  • インプラントの最先端技術の利点を併せ持つ治療方法
  • インプラント治療の中でも、粘膜の石灰や剥離をおこなわずにインプラント体を埋入する低侵襲手術である「無切開無痛手術」や、インプラント体を埋入して48時間以内に仮歯を装着する「即時荷重インプラント」の方式両方を兼ね備えており、術前に十分なシュミレーションが行えるため、安心して施術を受けることができることから、患者様の心身的負担を軽くすることにもつながる治療といえるのではないでしょうか。

    ガイデット・サージェリーの施術の流れをご紹介


    1 歯科用CT機器を用いて撮影をおこなう
    治療計画を綿密に立てるため、正確なマウスピースガイド作成のために顎周辺を3次元で
    表します。
    2 CT画像を活用してインプラントの埋入計画を立てる
    3DのCT画像から作成した顎の画像に、埋入予定のインプラントと人工歯の位置がどのように来るかなど、画面上でシュミレーションします。インプラントプランニングソフトで何度もやり直しができるため、納得のいく位置になるまでおこなえます。
    3 「サージカルガイド」を作製する
    プランニングソフトでのシュミレーションでインプラントをどこにどのような角度で埋入するかなど決定したら、そのデータと模型を基に埋入手術の際に使うサージカルガイド(マウスピース状のもの)を作製します。
    4 インプラント埋入手術をおこなう
    約1週間程度でサージカルガイドが完成し、その後インプラント埋入手術をおこないます。
    作製したサージカルガイドを口腔内の歯列に嵌めて、専用の手術器具を用いて埋入します。
    埋入した人工歯根に仮歯を付けて一旦終了です。
    5 人工歯を装着
    インプラント埋入手術後は、インプラントが周辺組織や顎の骨と安定するまでの期間が必要です。3~5ヵ月ほど(個人差があります)で人工歯を装着し、治療終了となります。
    その後は定期的なメンテナンスが必要です。

    ガイデット・サージェリーのメリットとデメリットの比較

    メリット

    ・従来のインプラント手術よりも安全性を確保できます。
    ・シュミレーションでマウスピースガイドを作成するため、施術中ミスの予防ができます。
    ・施術がスムーズにおこないやすく、施術時間の短縮に繋がります。
    ・インプラントの仕上りがシュミレーションとズレるといったことがありません。

    デメリット

    ・通常のインプラント治療よりも高性能な機器や専用機器を使うため、その分費用は高く
     なります。
    ・じっくりとシュミレーションに時間を費やすため、通院回数が増えることが多いようで
     す。

    ガイデット・サージェリーは誰でも施術が受けられますか?

    基本的にはどなたでも受けて頂ける施術方法です。あくまでも「インプラント埋入手術が安全に取りおこなわれるためのシュミレーションが事前にできる」というものですので、根本的にインプラントをうけることができるかどうかは歯科医院の方針によるので、事前に確認しておきましょう。
    また、どのインプラント歯科でもガイデット・サージェリーをおこなっている訳ではありませんので、料金や自身の口腔環境と併せて、施術可能か確認されることをお勧めします。

    まとめ


    ガイデット・サージェリーはこれまでインプラント治療を受けたいが、外科的手術に抵抗を感じていらっしゃる方や、恐怖心の強い方にも、安心・安全にインプラントを受けていただくことのできる画期的なツールであると考えます。ただし、どんなによい施術を受けても、通院のお約束が守れなかったり術後のメンテナンスを怠ってしまうことでインプラントがダメになってしまうことがあります。
    治療計画や内容、料金、術後の予定など、十分理解した上で受けて頂ければと思います。