歯肉切開が不必要なフラップレス・インプラントとは?

一般的に普及しているインプラント治療では歯肉を切開して、歯槽骨を露出させて上でインプラントを埋め込み、治療をおこなっていました。しかし、フラップレス・インプラントではその常識を覆し、歯肉を切開せずにインプラントを歯槽骨に埋め込む治療法を確立し、治療を受ける患者さまの身体の負担や、治療への恐怖心を減らすことに成功しました。そこで今回は、歯肉切開を必要としないフラップレス・インプラントについてご紹介させていただきます。

フラップレス・インプラントとは?

フラップレス・インプラントとは

フラップレス・インプラントとは、歯肉切開・歯肉剥離をおこなうことなくインプラントを歯槽骨に埋入する治療法です。従来の治療では歯肉を切開・剥離し、歯槽骨を露出させてインプラントを埋入していましたが、「歯肉の切開や剥離が怖い」「骨を露出する大掛かりな手術は避けたい」「術後の腫れや疼痛は避けたい」と、治療への不安を抱く患者さまも少なくなく、治療を受ける患者さまの身体的・精神的な負担も大きいために、治療自体を諦めてしまう人も多く見受けられるのが現状でありました。

フラップレス・インプラントは、治療に今一歩踏み出せない患者さまにもおすすすめの治療法です。インプラントを歯槽骨に埋入するには、少なからず歯肉に穴を開けなければなりませんが、その穴はわずか3mm程であり、従来のインプラント治療後に予想される患部の腫れや疼痛を軽減させ、更には治療期間を大幅に短縮することが可能となりました。

サージカルステントの特徴

フラップレス・インプラントの鍵となるのがサージカルステントです。サージカルステントとは、術前にCT撮影をおこなったデータをもとに、コンピューターシステムで歯槽骨の量や密度、血管や神経の位置を把握し、その歯槽骨に埋め込む予定のインプラント体のサイズや方向、位置を精密に診断・管理し3D画像化することで、それをもとに埋入計画をたて、3Dプリンターを使用しサージカルステントを製作します。

サージカルステントは、マウスピースのように口腔内に装着することが可能であり、サージカルステントで示した部位に歯槽骨に穴をあけるドリルを誘導することで、的確に定められた位置にインプラントを埋入することを実現させました。

フラップレス・インプラントの工程

フラップレス・インプラントの工程

歯肉の切開・剥離の必要がないフラップレス・インプラントの工程を説明させていただきます。フラップレス・インプラントは十分なカウンセリング時間を必要とする治療内容でありますが、従来の治療とは異なった治療法が特徴となります。

  1. インプラント手術前にCT撮影をおこない、コンピューターシュミレーションで綿密に治療計画を立てた上で、更に精密な治療をおこなうために、口腔内に装着する手術用のサージカルステント(テンプレート)を製作します。
  2. 製作したサージカルステントを口腔内に装着させ、歯肉にインプラントを挿入できるだけの穴(3mm程度)をあけ、歯槽骨に穴をあけます。
  3. 穴を開けた部位にインプラントの埋入をします。
  4. 歯槽骨とインプラントの結合状況が良好であれば、即日に仮歯を装着することも可能です。
  5. 後日、人工歯(被せ物)を装着します。

メリット・デメリットを理解した上で治療を受けましょう

インプラントを埋入するには必ず外科的手術が必要となりますが、フラップレス・インプラントでは歯肉を切開・剥離することなく、インプラントを歯槽骨に埋め込むことができるために、さまざまなメリットがあります。各治療法を選択する場合には、メリット・デメリットを把握することが重要です。

メリット

  1. 身体への負担を最小限に
  2. 歯肉の切開・縫合の必要がないために、患者さまの身体にかかる負担を最小限に抑え、歯肉を切開し歯槽骨を露出することへの恐怖心を軽減させます。

  3. 治療期間の短縮
  4. 歯肉を切開・縫合の必要がないために、傷口も最小限に抑えることができるだけではなく、治療工程でも大幅な短縮を実現させます。

  5. 精密な手術
  6. 精密に設計された手術用テンプレートを装着することで、精確にインプラントを歯槽骨に埋入することができます。

  7. 出血が少量で、腫れ・疼痛が少ない
  8. 歯肉を切開・縫合の必要がないために、出血量も最低限に抑えることが可能です。
    また、歯肉自体にも負担が少なく歯肉の腫れや疼痛を最小限に抑えることが可能です。

  9. 即日食事が可能
  10. インプラントと歯槽骨の結合状態が良好と判断された場合には、即日に仮歯を装着し、食事が可能となります。

  11. 審美性に長けている
  12. 歯と歯の間に存在する歯間乳頭(歯肉の三角の部分)や歯肉の衰退を認めないために、審美性に優れています。

    デメリット

    1. 目視できない
    2. 一般のインプラント治療とは異なり、歯肉を切開・剥離をおこなう必要がないために、歯槽骨や歯肉下の状態を目視して確認することは出来ないデメリットを十分に理解し、歯科医師の技術や経験なども考慮した方が良いでしょう。

      まとめ

      フラップレス・インプラントは患者さまの負担を軽減することを可能にする治療法ではありますが、従来の治療法とは異なるために、歯科用CTや滅菌機などの十分な設備、環境はもちろんのこと、知識や経験、卓越した技術が必要になり、フラップレス・インプラントの普及率は低く更なる飛躍が期待される治療法であります。

      また、治療をおこなう際にはインプラントを埋め込む歯槽骨の量や質、口腔内の状況によっては、フラップレス・インプラントが適応されない場合もあり、治療前には必ず十分なカウンセリング・精密検査が必要になり、メリット・デメリットを理解した上で治療を受けることが重要であります。