インプラント手術は、すべての人が受けられる治療ではありません。一定以上の骨の高さや幅がなければ、インプラントを埋め込むことができないため、インプラント手術を断られる場合があります。インプラント手術の前には、必ずレントゲンやCTなどの検査を受けます。

検査で骨の量が足りないことがわかれば、インプラント手術を受けることができません。ただし、骨の量を増やす手術を行えば、インプラント治療は可能です。他院でインプラント治療を断られたということは、骨を増やす手術を導入していなかったと考えられます。

当院では、骨の量を増やす3つの手術を導入しております。


GBRRejection

インプラント手術を行うためには、骨の高さだけではなく幅も基準を満たしている必要があります。GBRは、骨の幅を増やすことを目的とした治療法です。不足している骨を人工の膜で覆い、補強填材によって骨の幅を増やします。

GBRは、最初のインプラント手術のときに受けられますが、骨の状態が安定するまでは2回目の手術を行えません。骨は、約4~6ヶ月で安定します。通常、インプラントと骨がしっかり結合したら2回目のインプラント手術を行えるため、通常よりも治療終了までの期間が長くなります。


サイナスリフトRejection

上あごのインプラント手術の際には、上あごの骨の高さが基準に達していなければなりません。サイナスリフトは、上あごを包む膜を人工物で押し上げることで空間をつくり、そこに補強填材を入れて上あごを高くする治療法です。サイナスリフトはGBRと比べて骨が安定するまでにかかる期間が長く、約10ヶ月かかります。


ソケットリフトRejection

ソケットリフトには、インプラント手術の際に一緒に行うものと、骨を増やすだけのものがあります。インプラントを埋め込む穴に人工の骨を入れ、骨を厚くします。サイナスリフトよりも切開の範囲が小さいため、それだけ傷が治るまでの期間も短縮できます。また、傷が早く治れば、それだけ細菌感染のリスクも抑えられます。


安全性が高い人工の骨を
使用しておりますRejection

骨を増やす補強填材には、一般的に牛骨や人骨などを元にしたものが使用されています。強度が高いことが特徴ですが、未知の感染症にかかるリスクがあるため、安全性が高いとは言えません。当院では、未知の感染症のリスクを大きく抑えられる人工の骨を使用しております。

また、仮に炎症が起きたとしても自然に身体に吸収されるため、大きな問題に発展する心配がありません。


無理にインプラント治療を
受けた場合に起こり得る問題Rejection

インプラントを埋め込む骨が基準よりも柔らかい場合、必要以上に穴を開けてしまったり、インプラントが骨の奥の方へと入り込んでいったりする「迷入」という現象が起こります。迷入を防ぐためには、事前に骨の柔らかさを把握し、その骨に合った治療法を適用する必要があります。


迷入を防ぐための対策Rejection

当院では、レントゲンやCTを用いた骨診断を行っております。骨の量、高さ、密度のデータを取得し、骨に対して適切な施術器具を選択します。また、骨の状態は部位によって異なるケースがあるため、ピンオステオトームという器具を骨に刺して、手術部位の状態をピンポイントで確認します。

また、インプラントを埋め込む穴を開ける際には、穴を開けすぎないように、ストッパーがついた施術器具を使用しております。技術を過信せず、ヒューマンエラーのリスクを考慮した施術を行っておりますのでご安心ください。

そして、先端に向かって細くなっていくテーパータイプのインプラントを使用し、骨の中に入りすぎることを防いでおります。また、インプラントの頭の部分に、インプラント本体よりも直径が大きいカバースクリューを取り付けているため、それがストッパーとなって迷入を防ぐことが可能です。