お口の中の歯をすべて失った場合、総入れ歯かインプラントを選択することになります。インプラントは1本でも数十万円の費用がかかるため、総入れ歯を選ぼうと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、総入れ歯はインプラントと比べて口腔機能が改善しないため、食生活や会話などに支障をきたす可能性があります。

だからといって、すべての歯をインプラントで補うことになると、非常に多くの費用がかかってしまいます。できるだけインプラントの本数を抑えたい方におすすめの方法がフルマウスインプラントです。

少ないインプラントで多くの歯を補うことができます。当院で取り扱っているフルマウスインプラントは、次の3種類です。


ALL ON 4 / ALL ON 6Number

ALL ON 4(オールオンフォー)は、4ヶ所にだけインプラントを埋め込み、すべての義歯を支える方法です。ALL ON 6(オールオンシックス)は、インプラント体を6ヶ所に埋め込みます。上下のどちらかの歯をすべて失った場合に適用できます。

入れ歯のように義歯が連結したものを装着することになりますが、入れ歯とは違って床がついていません。床があごの内側を覆うことで、食べ物の温度や感触が感じにくくなるため、入れ歯は食事を楽しめなくなることがあるのです。

ALL ON 4やALL ON 6であれば、食べ物の温度や感触をしっかり感じとることができます。また、自然の歯と同じようにしっかり噛むこともできるため、好きなものを食べられます。なお、手術を受けたその日に仮歯を入れるため、柔らかいものであれば問題なく食べられます。


ロケーターインプラントNumber

数ヶ所にインプラントを埋め込み、総入れ歯を固定する方法です。固定するといっても、入れ歯を取り外すことができるため、しっかり清掃できます。また、手持ちの総入れ歯をインプラント体に連結させて使うことも可能です。

下あごに適用されることが多い方法で、2本のインプラント体で入れ歯を支えます。上あごは、下あごの骨と比べて柔らかいため、4本以上のインプラント体で支える必要があります。そのため、ロケーターインプラントよりも、ALL ON 4 / ALL ON 6がおすすめです。


OリングインプラントNumber

入れ歯に丸い小さなゴムを取り付けます。そして、インプラントと繋げたアバットメントに連結させます。耐久性が優れていますが、ゴムが経年劣化するため、定期的なゴムの交換が必要です。また、横向きに強い力が生じるため、比較的硬い下あごへの適用が向いています。


予算に合わせて治療法を
選ぶことをおすすめしますNumber

フルマウスインプラントを選ぶことで、インプラント治療の費用を抑えられます。インプラントは、定期的にメンテナンスが必要です。その度に費用がかかるため、インプラントの本数を増やせば増やすほどにランニングコストがかかってしまいます。

フルマウスインプラントであれば、ランニングコストまで抑えられるため、経済的に大きな負担がかかり続けることもありません。また、インプラントは天然の歯と同じく歯周病のリスクがあるため、その際の治療のことも考える必要があります。

このように、歯科治療には様々なことに費用がかかるため、予算に合わせて治療法を選ぶことが大切と言えます。費用を抑えることができれば、他の治療に費用を割くこともできるでしょう。


まずはご相談いただければと思いますNumber

治療法によって費用が異なり、メリットとデメリットも異なります。ライフスタイルや予算、どのような状態になりたいのかなど、様々なことを踏まえて最適な治療法を選ぶことが大切です。患者様にとって最適な治療をご提案するために、各治療法の詳細を丁寧にわかりやすくご説明いたします。

インプラントを検討されている方は、まずはご相談いただければと思います。