入れ歯Denture

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯は、クラスプというバネを歯に引っかけて、義歯を固定するものです。

メリット

保険診療で作れるため、治療費を抑えられます。また、手術の必要がないため、精神的な負担も少ないことがメリットです。取り外せるため、清掃も簡単です。

デメリット

スクラプが見えて目立つ場合があります。また、スクラプを引っかける歯に負担がかかり、取り外すときに方向を間違えると、骨が吸収されて歯の寿命が短くなる可能性があるため注意が必要です。

また、入れ歯は天然の歯と比べてしっかり噛むことができず、違和感もあります。天然の歯と見た目が異なるため、入れ歯をつけていることを人に知られやすいこともデメリットと言えるでしょう。<


ブリッジBridge

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削り、義歯が連結したものを被せる方法です。

メリット

両隣の歯を使ってしっかり固定できるため、装着時の違和感が少ないことがメリットです。また、天然の歯と同じぐらいしっかり噛めるため、食生活への支障も抑えられます。天然の歯に近い見た目のものにできます。

デメリット

健康な歯を削ることになるため、歯の寿命が短くなります。また、歯が折れてしまうリスクも高くなるため、ブリッジは健康な歯を失う危険性がある方法と言えます。また、歯を失ったところの骨が痩せていくこともあるのです。その他、ブリッジの隙間に食べ物が挟まり、虫歯や歯周病のリスクが高まったり、発音に支障をきたしたりすることもあります。


インプラントImplant

インプラントは、歯を失ったところのあごの骨に人工の歯の根を埋め込みます。この人工の歯の根は、インプラント体と呼ばれています。インプラント体には、アバットメントという連結装置を取り付け、その上に義歯を被せます。

メリット

土台がしっかりしているため、天然の歯と同じぐらいしっかり噛めます。また、周りの歯を削る必要がなく、健康な歯を残せます。見た目も天然の歯とほぼ変わらず、インプラントを入れていることに気づかれにくいこともメリットと言えるでしょう。

デメリット

インプラントを埋め込むためには、手術が必要です。1回目の手術ではインプラント体を埋め込み、2回目の手術で義歯をインプラント体に取り付けます。2回とも歯茎の切開が必要なため、術後の痛みや腫れも2回経験することになります。生活に支障をきたす可能性があるため、ライフスタイルによってはインプラント治療を受けることが難しい方もいらっしゃいます。

また、全身疾患がある場合は、インプラント治療を受けられない場合があります。その他、治療費が高額になるといったこともデメリットと言えるでしょう。

入れ歯とブリッジ、インプラントを比べると、費用を重視する場合は入れ歯、噛む力と見た目を重視する場合はブリッジ、両方のメリットを得たい場合はインプラントを選ぶのがいいと考えられます。

インプラントは、歯茎を切開することによる術後の痛みや腫れ、治療費のデメリットを除けば、メリットが目立つ治療法です。インプラントによって食事を楽しめるようになれば、全身の健康状態を良好に保つことに繋がります。

ブリッジにも同じようなメリットがありますが、健康な歯の寿命を短くしてしまいます。メリットとデメリットのバランスを考えると、インプラント治療がおすすめと言えます。

インプラント治療を受けるかどうか迷っている方は、一度ご相談ください。